三菱UFJより高収益、世界一の銀行OCBC 米ブルームバーグも認める、シンガポールの金融力

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9
拡大
縮小

2年連続で「世界一の企業」に

OCBCはその財務の健全性が評価されて、表にあるようにブルームバーグ・マーケッツが選ぶ世界で最高の銀行に選ばれています。これは資産1000億ドル以上の世界の78行について、中核表1こ的自己資本比率の高さや不良債権の少なさ、収益性など、さまざまな項目により、最も経営基盤が安定している銀行を選んだランキングですが、OCBCはこの調査が始まった2011年から2年連続で世界一に選ばれています。

リーマンショックの影響が色濃く残る米国からは、1行も上位10行に選ばれていませんし、収益源が国内に偏り、多額の国債を保有する日本の銀行も選ばれていません。国際競争力の高い金融サービスを準備していることで、世界でも有数の資金流入先となっているシンガポールの金融機関を投資先として検討することをオススメします。

シンガポールの金融機関の中でも最も高い競争力を誇るOCBCの予想PERは13.4と高くありません。時価総額は2.7兆円とかなりの大きさとなっていますから、今後の急上昇は期待できませんが、他国の成長企業と合わせて保有することで、バランスの取れたポートフォリオとなることも魅力です。

次回は、ベトナムからオススメの投資先を紹介します。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT