三菱UFJより高収益、世界一の銀行OCBC 米ブルームバーグも認める、シンガポールの金融力

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9
拡大
縮小

加えて、グローバル企業の意思決定機能の獲得にも乗り出し、アジア本社をシンガポールにおいた企業には20%の法人税を10%にまで軽減し、さらにグローバル本社を置いた会社には0~5%まで法人税を引き下げるという方針も打ち出しています。

米国に本拠を置くP&Gが、アジアの本社機能を日本からシンガポールに移したことが話題になりましたが、その背景にはこのような政府一丸となった企業誘致策があります。

また、相続税やキャピタルゲイン課税がないシンガポールには、世界から富裕層が集まっており、最近ではフェイスブックの共同創業者であるエドゥアルド・サベリン氏や、ニュージランド一の大富豪である、リチャード・チャンドラー氏が移住したことで話題となりました。

「世界最高」の銀行グループ、OCBC

このように、世界中からグローバル企業や富裕層を集めるシンガポールですが、最も強い産業はやはり金融業でしょう。シンガポールには、ASEAN諸国からはもちろん、日本、中国やインドといったアジア諸国に加えて、中東のオイルマネーや、最近では富裕層向けの所得税が上昇したフランスなどを中心とした欧州、米国などの資金も流入してきています。

オフショアの資産運用先として世界一の人気を誇ってきたスイスが、米国の税当局に顧客情報を出したタイミングから、資金流入はさらに加速してきているようです。

次ページシンガポールの金融は世界屈指の競争力
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT