打倒アマゾン!ヤマダ電機、気迫のO2O ”ショールーミング”とは、真正面から徹底的に戦う

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

ネットとリアル店舗の融合に取り組む人数も約10名体制と、少数精鋭主義だ。ヤマダ電機のO2O戦略の重要なカギを握る「ヤマダゲーム」 に至っては、なんと飯塚氏とほか1人の2人で当たっている。

ネットとリアル店舗の融合に関する会議は、ヤマダ電機社内で毎週実施され、山田会長への進捗報告も毎週行われている。山田会長が方向性を示し、飯塚氏らが具体的なプランに落とし込む。

山田会長が飯塚氏に下したミッションは、「3年後にEC事業関連の売上高を1000億円に」というもの。現在の年間売上高が約300億円だというが、その3倍以上という実に厳しいものだ。

「今やっている業務が、すべて正しいと思ってはいけない。否定しなさい。今やっていることを壊しながら、もっといいものを作りなさい」というのが山田会長の信念だ。

家電量販店にとって、「ショールーミング」という形のO2Oが打撃なのは間違いない。ヤマダ電機はその対策を「価格」だと割り切っている。

低価格を実現するための、徹底したローコスト経営。その際、非常に重要なポイントとなるのが、ITコストだ。ヤマダ電機はそれを極限まで削っている。加えて、そのシステム部隊、開発チームを使って、ネットとリアル店舗の融合に取り組んでいるのだ。

次回は、家電量販店の最大手ヤマダ電機がどのようにネットとリアル店舗を融合しようとしているのか、踏み込んでいきたい。

ネット業界のみならず、ネットゲーム各社に大きな影響を与えそうな“思惑”がそこにはあった。

(撮影:吉野 純治)

 

 

 

 

 

 

 

過去の連載が本になりました。『O2O新・消費革命 ネットで客を店舗へ引きつける』(東洋経済新報社)として発売中。Kindle版などの電子書籍も展開開始。

 

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT