ゾゾタウン、朝令暮改の真相

ポイント還元率引き上げを撤回

早くも正念場がやってきた。

アパレルネット通販「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイは1月30日、2013年3月期第3四半期(12年4~12月期)決算と同時に、通期計画の下方修正を発表した。東洋経済オンラインは1月28日の配信記事(関連記事はこちら)で、「13年はスタートトゥデイにとって正念場になる」と指摘していたが、早々に厳しい局面を迎えている。

第3四半期業績は、売上高250億円(前年同期比9.8%増)、営業利益54億円(同0.7%増)だった。会社は四半期ごとの計画を詳細に開示していないが、大幅に未達となった結果、従来と比べ通期計画を売上高79億円、営業利益26.7億円減額した。修正された通期の会社計画は、売上高338億円(前期比6.3%増)、営業利益77.7億円(同0.9%増)。

新規会員獲得が遅れ、既存会員も購買率低下

下方修正となった要因は、新規会員獲得の遅れと既存会員の購買率低下だ。新規会員はテレビCM等で8億円の広告費を投下し、50万人を獲得できると見込んだが、実際の獲得は10万人にとどまった。年1回ゾゾタウンを利用する既存会員の購買率は24.6%を見込んだが、休眠顧客に対するキャンペーンを減らしたことで22.1%となった(前期は25%)。

昨年11月からそれまで購入金額1万円以上が対象だった送料無料サービスを全面無料化し、ポイント還元率も従来の1%から10%に引き上げたが、効果は限定的だった。すでにポイント還元率については2月1日から、従来の1%に戻すことを発表している。

1月31日に開催した決算説明会で前澤友作社長(=タイトル下写真=)は、「2期連続で会社計画が未達になったことを重く受け止めている」と悔しさを滲ませた。残る第4四半期(13年1~3月期)については「前四半期比ゼロ成長の前提で、かなり現実に見ている」と語った。

次ページわずか3カ月で方針転換
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT