モンスト開発陣が味わった薄給と超高額報酬

岡本吉起とDMM亀山敬司が語る組織と仲間

岡本:納得感、ハラオチ感は、僕もよく周りの仲間に言っています。それで言うと僕は、組織の中の毒まんじゅうですね。劇薬。たとえばゲームの売れ行きを左右するここぞという時――僕は「関ヶ原」といっているんですけど、そういう時は相手が上の立場でも、飛びかかってしまいますね。本当にハラオチできるまで。

亀山:俺はそういう岡本さんみたいなオラオラ系を、なだめる役(笑)

アイデアを形にする“不満力”と“売り込む力” 

岡本:この二人が対談して何が生まれるか(笑)

亀山:俺はクリエーターじゃなくて商売人だから、そういう「何かを生み出す」部分は岡本さんみたいなアイデアあふれる人たちに、どんどんお願いしたいと思っている。いつの時代も「おっちゃん」は、新しいものについていけないしねぇ。まぁ、岡本さんとは同い年なんだけど(笑)

岡本:アイデアはたくさんあります。ただアイデアを形に出来るか否かは、現状に対する不満を持ち続けられる気持ち次第だと思っていて。そういう意味では、エロでも、パチンコでも、不満だらけです(笑)

亀山 敬司(かめやま けいし)/株式会社DMM.com取締役会長。石川県加賀市出身。税理士を目指して上京するも、露天商に弟子入りし、商売・経営の世界へ。現在、FX、英会話、ゲーム、太陽光発電、3Dプリンタ、VRシアター、アフリカ事業、スタートアップ支援と多岐にわたる事業を展開する泣く子も黙るDMMグループ会長として君臨している。六本木界隈に出没するものの、その素顔は公開されていないので、横で飲んでいても気づかれることはない

亀山:でもそういう発明家に限って、オラオラ系なもんだから社会とうまく合わせられない(笑)。俺は、そういう発明家がじゃあどう形にして証明できるのか、マネタイズをどうすればいいのかってところで、「じゃあちょっと、俺に任して。売ってくるよ♩」って。で、上前はねちゃう(笑) だからみんな、アイデアいっぱい持ってきてねぇ〜。

岡本:発明は欧米で、商品化するのは日本っていう評価もありますけど。

亀山:日本は良いもの昔からいっぱい作っているのに、売り方がイマイチだなーと思うところはたくさんあって。俺だったらこうするのに、って思うところもいっぱいあるよ。日本だけじゃなくて、例えばアップルのやり方も、俺だったらiPhoneも、もっと安くして広めてデバイスに慣れさせて、シェアを広げるところからやるし。そういう不満というか、原動力はあるね。

岡本:亀山さんの印象は、「損切りが早くて、下調べをしない」。良いんじゃね?って、気持ちで進むし、さっと引く。そんな感じがある。

次ページ全部、成り行き
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。