モンスト開発陣が味わった薄給と超高額報酬

岡本吉起とDMM亀山敬司が語る組織と仲間

岡本 吉起(おかもと よしき)/チームを率いてヒットを飛ばす“山賊系”ゲームクリエーター。愛媛県出身。株式会社コナミ、株式会社カプコンと渡り歩き、数々のヒット作、ゲーム作品を生み出す。独立し、立ち上げたゲームリパブリック社で「十数億」の債務を抱えるも、アプリゲーム「モンスターストライク」で再起。「ゲーム」では成し遂げたとして、現在は「パチンコ」、「エロ」も制覇すべく、エンターテインメント界の三冠を目指して禁酒中

岡本:自分の愛し方は、一緒に同じ釜の飯を食って、なんなら草刈りも一緒にやって、そういう泥臭いとこは好きですね。

亀山:でも面白いのは、そういう泥臭い集団が、割とドライなIT系会社組織のプロセスを経て、『モンスト』みたいなゲームを生み出せるってとこだよね。プロ集団が集まって、一個の作品を作ったら解散!みたいな。

岡本:明日仕事があるかはわからない世界ですからね。良い仕事すれば次のオファーがあるし。モンストのときなんて、開発からリリースまでの一年間、みんな一律15万円の報酬でしたから。その代わり、事前にロイヤリティを決めていたから、今はみんな……億越えです。

亀山:ひとりひとりの独立精神は身に付くよね。みんなやる気のあるクリエーターは、俺か岡本さんのところに集まろう(笑)

なだめ役とオラオラ系のリーダー 一緒に働く仲間

岡本:でも朝来ないやつは勘弁して欲しい。各自の裁量で途中抜けたり、昼寝するのは問題ないんです。それぞれの才能の使い方もあるし。だけど、朝来ることは才能じゃなくて、努力で出来ること。気持ちは前のめりで100%なやつじゃないと嫌ですね。

亀山:俺は、会って面白ければ一緒に仕事しようかという感じ。どっかで判断する基準はあるんだと思うんだけど、よくわかんない。ただ、最近は若いヤツらに任せている。

岡本:若いヤツらに任せてしまうと、自分の言うことを聞くイエスマンを集めがちになりません?馬力のないつまらないチームが出来上がってしまう恐れもあって。僕は「自分を超えるヤツ」を採ったら、評価するって言っています。そうしたら潰し合わない。

それぞれの育て方のキャラがあって、それでいいと思っている

亀山:岡本さんのとこみたいに、クリエーターがクリエーターを育てる場合は、そのやり方が有効なんだろうね。ウチはマネジャー、商売人を育てているから。年功序列だろうが、インセンティブをあげようが、それぞれの育て方のキャラがあって、それでいいと思っている。動物園みたいに組織の中に、色んなキャラの部隊があって、ボコボコした感じがあっても良いと思っている。「はいっ」て言うやつを集めたいわけではないから、それぞれの長が納得して進んでいける形。

次ページ納得感やハラオチ感を大切に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。