日本の「経営」と「教育」を再構想せよ

高齢化社会のグランドデザイン(上)

和田:それはとても重要な話で、日本人が賢かった頃は勉強時間で明らかにほかの国より勝っていました。それに加えて、私は日本には学問に対する純粋な憧れがあったと思っているんです。

江戸時代の日本は世界でも一、二を争う識字率を誇っていましたが、それを支えていたのが寺子屋と呼ばれる民間の塾でした。農民の子から商人、武士の子まで、みんな寺子屋で学んだのです。

面白いのは、寺子屋で学べば立身出世の道が開けるというわけではないのに、お金を払ってまで多くの子どもが通ったという点です。そこには瓦版を自分で読みたいとか、知らないことを知りたい、純粋に賢くなりたいといった学習欲があったのだと思います。

波頭:確かに、日本にはそういう文化があったようですね。それは誇るべきことだし、昭和初期までの国家としての急成長の原動力になったと思います。

和田:日本はGDPベースで公教育支出が少ない国なのに、高い学力を維持してきたのは、伝統的に民間教育セクターがしっかりしていたからです。

私は日本の教育産業は輸出産業になるくらい優れていると思っています。日本の参考書や問題集はよくできています。それが、日本の学生の勉強時間の少なさを多少なりともカバーして、まだ学力崩壊を食い止める力になっているとさえ思っています。

中国人や韓国人は、根性で長時間勉強しているような状況ですが、日本の子どもたちは効率的に学習しています。もっとも、中国や韓国に日本の教育ノウハウが輸出されて、彼らが効率的に勉強を始めたら手ごわいことになるかもしれませんが……。

しかし、落ちたとはいえ、まだ日本人は海外から賢い民族だと思われています。その意味を考え直し、学力向上に本気で取り組んでいかないと日本に明日はありません。

 

 

 

 

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。