日本の「経営」と「教育」を再構想せよ

高齢化社会のグランドデザイン(上)

実際、2011年の第1四半期には、中国の最大貿易相手国は日本からEUに移り、中国人の憧れは日本製品からヨーロッパ製品に変わっているのではないかという危機感を強く抱いているんです。

波頭:日本製品は多少高くてもいいものだという認知があれば、海外でもまだ十分に闘っていけるということですね。

和田 秀樹 (わだ・ひでき)
精神科医

1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒業、東京大学附属病院精神神経科助手、アメリカ・カールメニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在、和田秀樹こころと体のクリニック院長。国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)。一橋大学経済学部非常勤講師(医療経済学)。川崎幸病院精神科顧問。老年精神医学、精神分析学(特に自己心理学)、集団精神療法学を専門とする。心理学、教育問題、老人問題、人材開発、大学受験などのフィールドを中心に、テレビ、ラジオ、雑誌でも精力的に活動中。

和田:そうです。そして、人々が憧れるブランドイメージを形づくるには、2つの条件があると私は考えています。1つはその国の一般大衆が豊かかどうか、もう1つはその国の一般大衆の知的水準が高いかどうかです。

日本が貿易国家として成功を遂げてきた理由の1つは、戦後前半の40年間、政治家も官僚も経営者も国のブランドイメージを上げることに腐心してきたことにあるのではないでしょうか。

ところが、いまや日本は中国、韓国に学力で後塵を拝し、格差が広がって貧しい層が外にむき出しになっている。日本の企業経営者が米国式経営に盲従し、社員との信頼関係を壊し、安売り競争に走って内需拡大を怠り、超高齢化社会への対応に無策である結果です。

これでは、とても日本の製品やサービスを「いいもの」だと思ってもらうことはできません。

第2次産業はオールドエコノミーか

波頭:歴史を振り返ると、「世界の工場」と呼ばれた国は、産業革命時の英国、2回の世界大戦前後の米国、第2次世界大戦後の日本とドイツ、そして今の、中国。その中国にしても、人件費の上昇によって生産拠点はベトナムやミャンマーなどに移っています。この世界の工場フェーズに入った国は高成長を謳歌し、中産階級が膨らみ、そのとき世界で最も勢いのある国になります。

次ページ第2次産業は、日本人に向いている
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。