日本の「経営」と「教育」を再構想せよ

高齢化社会のグランドデザイン(上)

問題はその後、世界の工場フェーズから脱したときです。主要先進国のトップテン企業を見てみると、製造業が何社も並んでいるのは、日本とドイツだけで、ほかは軒並み金融か電力、通信といったパブリックセクターばかりです。英国はもう自動車産業もなくなり、メーカーも消え、金融が上位を占めています。

フランスもパブリックセクターがらみ、米国も一応GMは残りはしましたが、国を挙げて支援したことがはたしてよかったかどうか。IBMでさえ製造をやめてサービス業に転換しています。そうやって産業の新陳代謝を起こし、経済の活性化を図っているのです。

一方、日本とドイツはいまだにメーカーなどの第2次産業が残っているわけですが、ドイツは1トン以上の大きな製造物に強く、日本は1グラム以下のナノテクノロジーが強いといわれています。大きくて難しいわけでも、小さくて難しいわけでもない中間の製造業、たとえば家電などが、韓国や中国に取られていくのは、私はある意味で必然的なことだと考えています。

和田:私は、第2次産業は日本人に向いていると思っていて、オールドエコノミーとは捉えていないんですよ。インドではこれから3億5000万人もの中流層が生まれるといわれていますが、日本人が中流層になる過程でクーラー、カラーテレビ、カーの3Cを揃えていったように、彼らが家電製品や自動車を買うようになれば、巨大な市場が生まれます。

これが日本にとって大きなチャンスなんですが、日本製品は韓国製品より高級で高品質なんだというブランドイメージを前面に打ち出して売ればいいのに、真っ向から価格勝負をしている。

価格で対抗するにはマレーシアなど人件費の安い海外で生産しなければならないわけですが、韓国のメーカーなどは、「これはパナソニックの製品だけど、メイド・イン・マレーシアであり日本でつくったものじゃない。その点、うちはメイド・イン・コリアでちゃんと韓国人がつくっているから品質はばっちりだよ」などと言って売っているんです。

日本のメーカーの経営者は、「メイド・イン・ジャパン」が付加価値になることをまったく理解していない。

もちろん、中流層の消費意欲は一巡すれば落ち着いてしまいますから、20年、30年の延命にすぎないのかもしれません。しかし、新たな成長産業が見つからない現状では、日本のブランドイメージを高めて第2次産業で勝負をかけるしかないというのが私の観測なんです。

次ページ感応性を持つ、機能製品の重要性
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。