AKB48のルーツは京都花街にアリ!?(下)

「会いに行けるアイドル」というビジネスシステム

今回は、前回に引き続きAKB48と京都花街の類似性について見ていきたいと思います。

舞妓さんは「会いに行けるアイドル」の元祖

「会いに行けるアイドル」は、AKB48のコンセプトです。秋葉原にある専用劇場に行けば、AKB48のメンバーに会うことができるということは周知の事実です。アキバに出掛けて、専用劇場でAKB48の舞台を楽しみ、メンバーと握手ができる。これがあるからこそ、現在のAKB48の人気があるといえます。

このように、アイドルという憧れの存在に、ファンがきちんと近づくことができる仕組みがある、それはAKB48のコンセプトに欠かすことができないものなのです。

ですから、AKB48の成功とともに、SKE48・NMB48など姉妹グループができ、地方の人が東京まで出掛けなくても、自分たちの近くの劇場でアイドルに会えるようになっています。たくさんグループができることで、ファンがそこに行けばアイドルに会うことができるというAKB48のコンセプトが、地方でも実現されました。

そして、これと同じ仕組みが、京都花街にはあります。しかも、その源流は1872(明治5)年と、140年前にまでさかのぼることができます。驚かれるかもしれませんが、舞妓さんはまさに「会いに行けるアイドル」の元祖だったのです。

京都花街の踊りの会

皆さん、京都では春と秋に芸舞妓さんたちが、踊りの会の舞台に立っていることはご存じですか?

次ページ気軽に舞妓さんに会える「踊りの会」とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。