AKB48のルーツは京都花街にアリ!?(下)

「会いに行けるアイドル」というビジネスシステム

今回は、前回に引き続きAKB48と京都花街の類似性について見ていきたいと思います。

舞妓さんは「会いに行けるアイドル」の元祖

「会いに行けるアイドル」は、AKB48のコンセプトです。秋葉原にある専用劇場に行けば、AKB48のメンバーに会うことができるということは周知の事実です。アキバに出掛けて、専用劇場でAKB48の舞台を楽しみ、メンバーと握手ができる。これがあるからこそ、現在のAKB48の人気があるといえます。

このように、アイドルという憧れの存在に、ファンがきちんと近づくことができる仕組みがある、それはAKB48のコンセプトに欠かすことができないものなのです。

ですから、AKB48の成功とともに、SKE48・NMB48など姉妹グループができ、地方の人が東京まで出掛けなくても、自分たちの近くの劇場でアイドルに会えるようになっています。たくさんグループができることで、ファンがそこに行けばアイドルに会うことができるというAKB48のコンセプトが、地方でも実現されました。

そして、これと同じ仕組みが、京都花街にはあります。しかも、その源流は1872(明治5)年と、140年前にまでさかのぼることができます。驚かれるかもしれませんが、舞妓さんはまさに「会いに行けるアイドル」の元祖だったのです。

京都花街の踊りの会

皆さん、京都では春と秋に芸舞妓さんたちが、踊りの会の舞台に立っていることはご存じですか?

次ページ気軽に舞妓さんに会える「踊りの会」とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT