職場の地雷社員に気をつけよう[その2]

職場の地雷社員に気をつけよう[その2]

転職してきた地雷のような社員について紹介してみましょう。ここまで仕事ができない人はいるとは……と思える存在に遭遇したことはありますか? 面接試験ではハキハキして元気がよかったのに、いざ採用してみると職場で文句ばかり言っている。

「そこまでは無理です」
「そんなこと、やったことありません」
「一人じゃできないので、教えてください」

……。頼んだこちらが悪いとばかりに、やれない・できないの倍返し。仕事ひとつ頼むのにもとんだひと苦労。あのときの「何でもやります、やらせてください」というセリフは何だったのか。また、書類にあった輝かしい経歴は何だったのか。

かくいう私も会社を経営していますが、自社での経験も含めて過去に何回か「してやられた!」ことがあります。

たとえば、専門商社から転職してきたAさん。自分の能力は高いが、上司と合わないという理由でやってきたとのことで、求人サイトを通じての応募。なるほど履歴・経歴書を見ると実に華やか。一流大学を卒業して一流企業へ。一流商社で高い業績を上げ、メンバーとの関係も良好。人材育成もきちんとやっている。非の打ちどころがありません。こんな優秀な人材を雇わない手があるでしょうか。

「でも、そんな優秀社員なら上司と合わないと退職を申し出れば、周囲が止めるはず。なぜ、止め切れなかったのだろうか?」

くらいは考えればよかったのですが、後の祭り。実際に採用してみると、これが聞いていたのとは180度違いました。優秀どころかまったく役に立たない。スケジュール帳はつねに真っ白。毎日毎日、オフィスでただ本を読んでいるだけなのです。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。