職場の地雷社員に気をつけよう[その3]

高城幸司の会社の歩き方

職場の地雷社員に気をつけよう[その3]

「うちの若手社員は何を考えているのだろう。想定外の行動をするので困るよ」

と、ぼやく先輩社員をよく見掛けます。時には、想定外の行動で周囲に大迷惑をかける地雷となる場合もあるはず。取材した企業では、その地雷が爆発して大騒ぎになりました。

ある食品メーカーでの話です。その会社では入社2~3年目の若手社員たちを工場現場で体験作業させるのがしきたり。その初日に工場全体の様子を理解させるため見学会が行われたのですが、彼らが「ありえない行動」をとったのです。

工場見学といっても社員向けですから、一般向けのそれとは違います。かなり奥の部分や細部まで入り込んで、製造工程を見学することになります。

たとえば、商品をビンに詰めるところや、ラベルを貼られた製品がコンベヤーの上をダーッと流れてくるところをすぐそばで見るわけです。当然、社員だから変な行動はとらないはず・・・・・・との安心感があったので、工場のラインが手に届く場所まで近づけ、厳しく監視もしていませんでした。

ところが、これが甘かった。なんと、ビンを手に取って匂いをかいだり、あげくの果てには商品をポケットに入れ始めたりしたのだそうです。

その行動に気づいた工場の関係者は、注意をするのをためらうほど、唖然としたそうです。しかし、ありえない行動ですから、教育的指導をする必要があります。

「なぜ、こんなことをするんだ」

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT