職場の地雷社員に気をつけよう[その3]

高城幸司の会社の歩き方

 

ここで、似たような地雷社員のケースをもう1つ。

広告代理店に勤務しているDさんは、若手社員から笑えないような被害を受けました。それは仕事が立て込み、昼食が取れそうにないある日のこと。何かおなかに入れないと午後の仕事に支障を来すと思い、同じプロジェクトで助手のような役割を担っていた後輩社員のPさん(23歳)に1000円渡し、

「おなかが空いたから、悪いけどちょっと肉まんを買ってきてくれる?君の分も買っていいから」

と、買い物を頼みました。すると、少々けげんそうな顔をしたものの「わかりました」と返事をして、外に飛び出していきました。

ちなみにPさんはプライドが高く、「なぜ、この仕事を私がするのですか?」といちいち説明を求める人。なので、事細かに「この仕事をなぜしてほしいかというと…」と解説を加えなければいけません。

さすがに、今回は肉まんを買う理由を説明しませんでしたが、いくつ買うのか伝えるのを忘れていました。すると驚くことに、そのコンビニでいちばん高い肉まんを5つ買ってきました。そして、

「私も2ついただきました。ありがとうございます」

と、自分の分を取って、3つを渡してくるではありませんか。

思わず「3つも食えるか!」と言いたくなりましたが、いくつ買ってきてほしいと頼んでいなかったのは事実。1つ食べて、残りは周囲の同僚にあげる羽目になりました。ちなみに、もし1万円札を渡していたらどうなっていたのでしょうか。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。