職場の地雷社員に気をつけよう[その3]

高城幸司の会社の歩き方

 

さて、こうした自分を正当化する地雷社員の被害に遭わないためには、どうしたらいいのでしょう?

大事なことは、その“素養”のある社員を見極めること。まず、仕事を任されて、やたら事細かに説明を求めてくる人には要注意。「どうして」「なぜ」を頻繁に使って相手を追い詰めて喜ぶ愉快犯である可能性が大きいからです。

面倒な存在ですから、できれば接触を避けましょう。ただ、どうしても関わらないといけないときには、あいまいな言葉で仕事を任せないこと。

「そのようには認識していませんでした」

と、逃げの準備をして周囲に迷惑をかけてくるからです。理詰めでトコトン納得させる指示を心掛けましょう。 また、できたら別の第三者も同席させ、

「これでいいよね。ちゃんと言ったよね」

と、言い逃れが出来ない状況を作ってみてはどうでしょうか。それにしても、そんな面倒な同僚が増えているとは、頭の痛い話です。

 

※写真はイメージです。本文とは関係ありません。

 

 

高城 幸司(たかぎ・こうじ)
1964年10月21日、東京都生まれ。86年同志社大学文学部卒業後、リクルートに入社。6期トップセールスに輝き、社内で創業以来歴史に残る「伝説のトップセールスマン」と呼ばれる。また、当時の活躍を書いたビジネス書は10万部を超えるベストセラーとなった。96年には日本初の独立/起業の情報誌『アントレ』を立ち上げ、事業部長、編集長を経験。その後、株式会社セレブレイン社長に就任。その他、講演活動やラジオパーソナリティとして多くのタレント・経営者との接点を広げている。著書に『トップ営業のフレームワーク 売るための行動パターンと仕組み化・習慣化』(小社刊)など。

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。