職場の地雷社員に気をつけよう

職場の地雷社員に気をつけよう

自分と同じような価値観を持った同僚・上司ばかりの職場なんて、まずありえません。たとえば、広告代理店に勤務しているSさん(27)は比較的大ざっぱな気質。机の上も資料が山積み。交通費の精算も期日に遅れて、経理から「しっかりしてください」と注意されることもたびたび。そんなSさんにとって、職場は居心地が悪くて仕方ありません。

「もっと、丁寧に仕事してほしいな」

と、指摘する声があちこちから飛んでくるからです。ただ、おっしゃることはごもっとも。学生時代であれば「うるさい、わかっているよ」と逆切れしそうな気持ちになりますが、そこは職場。ぐっと耐えて「以後は気をつけます」と反省の姿を見せる努力は惜しみません。ただ、心の底では

「こんなに細かいことでいちいちうるさい奴らとは、プライベートなら会いたくないよ」

と思っています。ただ、価値観が違うだけであれば「仕事上の付き合い」と割り切ってかかわればいいだけ。そんなことは誰でも大人の対応として簡単にできるはず。ところが、それでは済まない危険な存在の危険人物がいます。たとえば

・仕事で失敗して迷惑を被らせる存在
・一緒にいると精神的にキツイ存在

相性が合わないというよりも、誰もが近づいたら被害に遭う地雷のような同僚のこと。私も若い頃に地雷の被害に遭いそうになったことがあります。一見すると知的で、信頼のおける2つ先輩のGさん。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。