ダイバーシティって何?(第4回/最終回)--ダイバーシティからインクルージョンへ

ダイバーシティって何?(第4回/最終回)--ダイバーシティからインクルージョンへ

前回、従業員満足度を高めることが「日本型ダイバーシティ推進」とお話ししました。

では、その成功のカギは何でしょうか?

この分野で先行しているアメリカでは、数年前から「ダイバーシティからインクルージョンへ」と言われています。

それは、過去20~30年の間、「ダイバーシティ」推進のため、それぞれのマイノリティの数を確保するということに、焦点を当てすぎていたのではないかという反省からきています。

実際、女性やアフリカ系アメリカ人を多く採用しても、彼らが定着しないので、数値目標が達成できないというケースも多くあったようです。

そこで、「本当に必要なのは、多様な人材の採用ではなく、彼らを定着させる企業文化の醸成(=インクルージョン)だ」という認識が生まれてきました。

日本でも「女性活躍推進」の数値目標を掲げても、なかなか達成しない、または、育児支援の制度を完備しても能力のある女性がやめていく、というケースをよく耳にします。

経営トップが「女性活用」の旗を振り、法定以上の両立支援策を制定し、実行しているのにもかかわらず、なぜでしょう?

それを解くカギが「インクルージョン」です。

2008年にNPO法人GEWELが行った「ビジネスパーソンの働く意識調査」(→詳細はこちら)によると、ダイバーシティの意義に賛同し、実践意欲の高い人々は、「職場の満足度が高い人」です。

そして、その人たちの満足度が高い理由は「職場で上司や仲間たちから認められている」という自己認識にあるのではないかと考えられます。

「インクルージョン」という言葉を「受け入れられている」と訳すか、「認められている」とするかは、今後考えていく課題です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT