エリクソンに44歳CEOが誕生、世界最大の通信機器メーカーの“総合力”に迫る

エリクソンに44歳CEOが誕生、世界最大の通信機器メーカーの“総合力”に迫る

来年1月、世界最大の通信インフラ会社、エリクソンに若きCEOが誕生する。石油メジャーの英BP会長に転進するスヴァンベリ現CEOの後を継ぐ彼の名は、ハンス・ヴェストベリ現CFO、44歳。スウェーデン・ストックホルム市内で行われた6月25日の就任会見当日。不振のソニー・エリクソンの持ち株売却に関するうわさをぶつけると、「うわさはうわさ。あまり気にしてないよ」とやんわり否定した。

辣腕で鳴らしたスヴァンベリ氏からの今回の交代には、若いリーダーの下で進化する通信技術やIP化に対応し、世界各地での競争に勝ち抜いていくという、エリクソンの強い決意が込められているようだ。

インフラ2本柱が安定 成長途上のマルチメディア

そのエリクソンから、7月下旬、再び大きなニュースが飛び込んできた。破産保護申請中のノーテルネットワークス(カナダ)から北米携帯電話事業を11・3億ドル(約1100億円)で買収することが明らかになったのだ。ノーテルは高い技術力で知られる名門企業。業界では大きな話題になった。 

 通信インフラ業界は現在、トップのエリクソンを、フィンランドのノキア・シーメンス、仏アルカテル・ルーセントの名門連合、中国の成長株ファーウエイなどが激しく追う構図となっている。通信というとサービスを提供する通信事業者(キャリア)が注目されがちだが、黒子といえるインフラ企業もまた、熾烈な競争を繰り広げている。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT