48.0%--この夏のボーナスから小遣いをもらえないサラリーマンの割合《気になる数字》


 企業業績の悪化を受けて、この夏のボーナス支給額は大幅に落ち込んでいる。収入が減っている以上、生活防衛のためには支出の見直しが不可欠。懸命なやりくりが続く。

全国のサラリーマン世帯の主婦(20~50代)を対象として、損保ジャパンDIY生命が6月中旬に実施したアンケート調査によると、夫のボーナスの平均手取額は前年比13%減少し、2003年以降では最低の水準になった。賞与が減ったと回答した人の過半数は「国内・海外旅行」「プチぜいたく」をはじめ何かしらあきらめたことがあり、購入する衣料品のランクを下げる人も多い。

夫の懐事情にかかわることでは、小遣いの抑制が顕著だ。ボーナスから夫に小遣いを「渡さない」は前年の41%から今夏は48%に増加。渡す場合の平均金額も昨年夏の12.3万円から9.8万円へと2割も減少している。また、夫に昼食として手作り弁当を継続的に持たせている人(全体の32.4%)の4割が去年から今年にかけて「手作り弁当派」に転じており、これに伴って夫の小遣いから昼食分を減らすケースが少なくない。

もちろん、我慢しているのは夫だけではない。7割超の主婦はボーナスから小遣いをもらっていないし、家計の赤字の穴埋めや臨時の出費などのために「へそくり」(夫に内緒の資産)を減らした人も4割を超えている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT