48.0%--この夏のボーナスから小遣いをもらえないサラリーマンの割合《気になる数字》


 企業業績の悪化を受けて、この夏のボーナス支給額は大幅に落ち込んでいる。収入が減っている以上、生活防衛のためには支出の見直しが不可欠。懸命なやりくりが続く。

全国のサラリーマン世帯の主婦(20~50代)を対象として、損保ジャパンDIY生命が6月中旬に実施したアンケート調査によると、夫のボーナスの平均手取額は前年比13%減少し、2003年以降では最低の水準になった。賞与が減ったと回答した人の過半数は「国内・海外旅行」「プチぜいたく」をはじめ何かしらあきらめたことがあり、購入する衣料品のランクを下げる人も多い。

夫の懐事情にかかわることでは、小遣いの抑制が顕著だ。ボーナスから夫に小遣いを「渡さない」は前年の41%から今夏は48%に増加。渡す場合の平均金額も昨年夏の12.3万円から9.8万円へと2割も減少している。また、夫に昼食として手作り弁当を継続的に持たせている人(全体の32.4%)の4割が去年から今年にかけて「手作り弁当派」に転じており、これに伴って夫の小遣いから昼食分を減らすケースが少なくない。

もちろん、我慢しているのは夫だけではない。7割超の主婦はボーナスから小遣いをもらっていないし、家計の赤字の穴埋めや臨時の出費などのために「へそくり」(夫に内緒の資産)を減らした人も4割を超えている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。