企業に評価されるエントリーシートの書き方

大学3年生が2~3月にやるべきこと<2>

他方、一般的な面接を重視する会社のエントリーシートでは、先述のような「行動」に着目した質問はありません。2017年卒対象のリクナビOpenエントリーシートのテーマは、「保有資格・スキル」「趣味・特技」「学業、ゼミ、研究などで取り組んだ内容」「自己PR」「学生時代に最も打ち込んだこと」の5つ。どこの会社でも聞かれそうな一般的な質問です。

ESにこうした質問を設定する企業では、コンピテンシー面接ではなく、一般面接が行われるでしょう。そのため、ESを書く段階から、自分の価値観や強み・弱みについて深く分析することが求められます。

表現のカタチを意識する

ESを記入する際には、読み手がその内容を理解しやすいように書くことが大切です。数千~数万通のESが提出される会社では、担当者が膨大な数のESを読まなくてはなりません。ここでは、わかりやすく伝える「表現のカタチ」をお伝えします。

(1)プレップ法

プレップ法とは結論から先に伝える方法なので、短時間で自分が伝えたいことを伝えることができます。自己PRを書くときに適した方法です。

「PREP」とは、Point, Reason, Example, Pointの頭文字です。

・Point : 主張や結論の「要点」や「結論」を最初に述べます。 全てを述べるのではなく、端的に要点や結論だけ伝えることが重要です。
・Reason 最初に伝えたPointの「理由」を伝えます。理由を伝える上では論理性が重要です。特に「縦の論理」を意識し論理の飛躍がないようにすることが大切です。ちなみに「縦の論理」とは、AならばBといった因果関係を表す論理のことを言います。
Example 具体例やデータを挙げ、論理に説得力を持たせます。これまでやや抽象的であった内容に「具体性」を持たせ説得力を高める役割を担っています。
Point 最後に、最初に伝えた「要点」や「結論」を再び伝え、その内容を相手の頭に強く印象づけます。
次ページ自己PRはプレップ法で
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT