プロゴルファーにとって「五輪」の価値とは?

活躍してゴルフを普及させるのも大切なこと

そうした言動、行動が「アマではなく、プロだから」ということからきているのだとしたら、方便のような気がする。五輪ではテニスの前例がある。1988年ソウル大会でテニスがプロ解禁とした。そのときも「プロ意識」という言葉で議論が起こったことを記憶している。単純にいうと、五輪は優勝しても金メダルしかもらえないからだ。プロはプレーに対して金がついてくる。見合うだけのプレーをする責任もある。

有言実行で金を獲得したテニスのグラフ選手

世界ランク上位が尻込みする中、当時の女王グラフが「いちばん欲しいのは五輪の金メダル」と積極的な姿勢を見せ、金メダルを取った。そのシーズンで4大大会を制する「年間グランドスラム」を達成し、五輪を加え「ゴールデンスラム」と呼ぶようになった。グラフにとって五輪は単に新しい目標だったのかもしれないが、出場を渋っていた選手たちも徐々に五輪に重きを置くようになり、五輪競技として定着している。

プロゴルファーにとってはメジャー大会が目標なのは間違いない。優勝賞金も2億円ぐらいはある。そこに「4年に1回の五輪が入ってきても」と思うのは、五輪経験のある選手は1人もいないのだから当然かもしれない。当時のテニスと似た感じだ。日本代表ヘッドコーチについた丸山茂樹はアマ時代、ゴルフ競技があるアジア大会で日の丸を背負った経験を「何ごとにも代えがたい」という。お金には代えられないということだ。

「壁」は確かにある。リオ五輪のゴルフ会場を視察してきたJGAの山中博史専務理事は、課題は「たくさんある」という。ゴルフ規則は同じだが、五輪としてのルールがアマチュア対象であること(ウエアなどにスポンサー企業ロゴを入れられないなど)や、日本選手団としての宿舎や移動などの規定もある。五輪13週前からは居所を明らかにしなければならず、ドーピング検査もある。やったことがないから「面倒」と思うだろう。

JOCのメダル報奨金は金300万円、銀200万円、銅100万円。「日本ツアーだと優勝賞金の平均が男子2000万円、女子1300万円ぐらい。韓国のように兵役免除などできないわけですし、ゴルフ競技団体独自の報奨金も考えている」と山中専務理事はいう。金メダルを取れば複数年のツアー出場資格を与えるということも男女ツアーでは検討している。

次ページ得られるのは「お金に代えられない」もの
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT