プロゴルファーにとって「五輪」の価値とは?

活躍してゴルフを普及させるのも大切なこと

ただ、見返りがあれば出場するというのは「プロ意識」だとは思わない。個人の考え方に過ぎないだろう。グラフが思ったように、丸山が経験したように、たぶん五輪には「お金に代えられない」ものがあるのだろう。はっきりしているのは、子供たちに影響を与えられること。五輪で金メダルを取るとスイミングスクールがいっぱいになり、体操教室が大盛況、といった話が必ず出てくる。

ツアーとは比べものにならない露出量

日本人は、五輪好きが多い。ゴルフツアーの視聴率は5%そこそこだが、五輪となるとゴルフを知らない人も見る。まして金メダルとなると、露出は比べ物にならない。ゴルフを普及させるのがプロの仕事のひとつなら、口で言うより金メダルを取る方が効果は高い。テニスのように五輪に定着できるかは、リオ、東京の試合のできにかかっている。

スコットが指摘するように、五輪はゴルファーとして最高レベルの大会ではない。1カ国最大4人の出場制限があるため、男子は世界ランク300位台、女子は400位台の選手も出てきそうだ。「そのレベルで勝っても」と、もし思うなら、出て勝って見せた方がすっきりする。グラフはそれをやった。

1984年冬季サラエボ、夏季ロサンゼルス大会から新聞社で五輪報道にかかわってきて、印象に残っているシーンがある。取材に行った1992年バルセロナ大会で、プロ解禁となったバスケットボールの米国「ドリームチーム」。大差で負けた対戦チームの選手が終了後は子供のように記念撮影を求め、金メダルの表彰台でマジック・ジョンソンが星条旗を体に巻いて狂喜した。大会後からNBAにはいろいろな国の選手が集まるようになったという。世界に普及させた形だ。商業化や肥大化などの批判のある五輪だが、選手にとってはそんな大会だと思う。

どこか冷めた選手も多いようだが、行ってから判断しても遅くはない。五輪に出られる世界ランクを目指せば成績を上げないといけない。プロにとっては最重要なことだ。ツアー初優勝直後から「目標は五輪金メダル」と言い、日本代表争いの位置まで上がって来た成田美寿々に「プロ」を感じるのは、筆者も五輪好きだからだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT