ゴルフの凋落を食い止めるカギは教育にあり

中高大学生を取り込めるか

これ以上のゴルフ人口減を食い止めたいのが業界の本音です(写真:charly / PIXTA)

スクリーンに映し出されたクラブの写真に、会場からなんともいえない、小さなうなり声が聞こえた。少なくとも筆者と周りにいた聴衆はうなった。

先日、東京都内で開かれた「第2回ゴルフビジネス フォーラム」を聴講した。テーマは「潜在ゴルファーを掘り起こそう!~720万人ショックを乗り越えて~」。最盛期の半分近くに減ったゴルフ人口減少を止め、新規ゴルファーを開拓するにはどうするかという取り組みを進める人たちの経験談などを通して、その策を探っていくものだ。

学校の授業でゴルフを経験

その中で注目したのが、ゴルフを学校の体育の授業として採り入れ、中学、高校、大学生に経験してもらうという取り組みだった。静岡県ゴルフ場協会では「静岡県ゴルフ特区」を宣言し「富士山のようにゴルファーの裾野を広げる」ことを目的に、スクールゴルフプロジェクトとして、中高校の体育の授業にゴルフを採り入れた。「ゴルフが持つ規律、礼儀、気配りなど教育的な利点を強調して、教育委員会の承認を得られたのが大きかった。指導にはプロ会も協力してくれた」という。

資金も一昨年までゴルフ場のプレー費と一緒に徴収していた緑化協力金(1回50円)を教育に使うように転用。ゴルフ場82コースが協力し、中学13校、高校56校で1万人以上が「ゴルフ授業」を受けていることが紹介された。新規ゴルファーの入口として、いまのところ県単位で行っているのは静岡県だけというが、個別の取り組みは各地で行われているという。会場では拍手が起きた。

画像を拡大
スクリーンに映し出された写真。
※パーシモン:柿の木材。現在はチタン製が主流となり、使用者は激減している

冒頭の「写真」は、そのあとで大学での取り組みについて、武蔵野美大でゴルフを授業に取り入れている北徹朗准教授が状況を説明した際に使ったものだった。授業に使用しているクラブが「古くてバラバラで、よく折れる。左利き用、レディースも足りない。クラブ提供をお願いできないだろうか」という業界への要望の資料として、現在使っているクラブを映し出した。

何が会場をそういう雰囲気にしたかというと、中に「パーシモン」のクラブが映っていたからだ。パーシモンのクラブはすでに20年以上も前にほとんど消えている。今のボールで打ったら、ヘッドが割れる可能性もある。初心者が使うには難しいクラブでもある。

そんなクラブを授業で使っていることを知り、「これじゃ、だめだ」と思ったのは筆者だけではなかったのだと思う。大げさに言えば、せっかくゴルフを初めて経験した学生をゴルフ嫌いにするためのクラブ、ともいえるかもしれない。

次ページ危機感の温度差が顕著に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT