最良のソプラノ、モンセラート・カバリエ死去

「バルセロナ」で知られるカタルーニャの歌手

[バルセロナ (ロイター) ]- いまから30年前、フレディー・マーキュリーと「バルセロナ」を歌い、オペラをポップチャートにランクインさせたモンセラート・カバリエが10月6日、85歳で死去した。

病院関係者によると、このカタルーニャの首都バルセロナで生まれたスペイン人ソプラノ歌手は、長年病を患っており、9月中旬に入院した。バルセロナのサン・パウ病院で死亡した。カバリエが200回以上出演した、バルセロナのリセウ大劇場は、彼女を「歴史上もっとも重要なソプラノ歌手の一人」と述べた。

「普遍的文化の伝説的存在、最良の中の最良」

スペインのテナー歌手ホセ・カレーラスは、彼女は素晴らしい声域と完璧なテクニックとをあわせ持っていた、と語った。カタルーニャ・ラジオとのインタビューでカレーラスは「劇場で生で聞いたソプラノすべてを思い出しても、カバリエのような歌い手はいなかった」と答えた。

スペイン王室は彼女を「オペラの偉大な女性、普遍的文化の伝説的存在、最良の中の最良」と称えた。王室はツイートで「彼女の魅力と比類のない声は、いつでも私たちとともにあります」と述べた。

カバリエとクイーンのリーダーであるフレディ・マーキュリーは「バルセロナ」を1987年にリリースし、マーキュリーが亡くなった1年後の1992年、バルセロナ・オリンピック期間中にふたたび使用された。

リセウ劇場の芸術監督クリスティーナ・シェペルマンは、6日にバルセロナでリポーターに対し次のように語った。「彼女はオペラとクラシック音楽をこえることで、オペラ歌手はオペラ劇場だけのものではなく、そのずっと先に行くものであることを示しました」

次ページイタリアオペラで活躍
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT