最良のソプラノ、モンセラート・カバリエ死去 「バルセロナ」で知られるカタルーニャの歌手

印刷
A
A

[バルセロナ (ロイター) ]- いまから30年前、フレディー・マーキュリーと「バルセロナ」を歌い、オペラをポップチャートにランクインさせたモンセラート・カバリエが10月6日、85歳で死去した。

病院関係者によると、このカタルーニャの首都バルセロナで生まれたスペイン人ソプラノ歌手は、長年病を患っており、9月中旬に入院した。バルセロナのサン・パウ病院で死亡した。カバリエが200回以上出演した、バルセロナのリセウ大劇場は、彼女を「歴史上もっとも重要なソプラノ歌手の一人」と述べた。

「普遍的文化の伝説的存在、最良の中の最良」

スペインのテナー歌手ホセ・カレーラスは、彼女は素晴らしい声域と完璧なテクニックとをあわせ持っていた、と語った。カタルーニャ・ラジオとのインタビューでカレーラスは「劇場で生で聞いたソプラノすべてを思い出しても、カバリエのような歌い手はいなかった」と答えた。

スペイン王室は彼女を「オペラの偉大な女性、普遍的文化の伝説的存在、最良の中の最良」と称えた。王室はツイートで「彼女の魅力と比類のない声は、いつでも私たちとともにあります」と述べた。

カバリエとクイーンのリーダーであるフレディ・マーキュリーは「バルセロナ」を1987年にリリースし、マーキュリーが亡くなった1年後の1992年、バルセロナ・オリンピック期間中にふたたび使用された。

リセウ劇場の芸術監督クリスティーナ・シェペルマンは、6日にバルセロナでリポーターに対し次のように語った。「彼女はオペラとクラシック音楽をこえることで、オペラ歌手はオペラ劇場だけのものではなく、そのずっと先に行くものであることを示しました」

次ページイタリアオペラで活躍
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT