最良のソプラノ、モンセラート・カバリエ死去

「バルセロナ」で知られるカタルーニャの歌手

[バルセロナ (ロイター) ]- いまから30年前、フレディー・マーキュリーと「バルセロナ」を歌い、オペラをポップチャートにランクインさせたモンセラート・カバリエが10月6日、85歳で死去した。

病院関係者によると、このカタルーニャの首都バルセロナで生まれたスペイン人ソプラノ歌手は、長年病を患っており、9月中旬に入院した。バルセロナのサン・パウ病院で死亡した。カバリエが200回以上出演した、バルセロナのリセウ大劇場は、彼女を「歴史上もっとも重要なソプラノ歌手の一人」と述べた。

「普遍的文化の伝説的存在、最良の中の最良」

スペインのテナー歌手ホセ・カレーラスは、彼女は素晴らしい声域と完璧なテクニックとをあわせ持っていた、と語った。カタルーニャ・ラジオとのインタビューでカレーラスは「劇場で生で聞いたソプラノすべてを思い出しても、カバリエのような歌い手はいなかった」と答えた。

スペイン王室は彼女を「オペラの偉大な女性、普遍的文化の伝説的存在、最良の中の最良」と称えた。王室はツイートで「彼女の魅力と比類のない声は、いつでも私たちとともにあります」と述べた。

カバリエとクイーンのリーダーであるフレディ・マーキュリーは「バルセロナ」を1987年にリリースし、マーキュリーが亡くなった1年後の1992年、バルセロナ・オリンピック期間中にふたたび使用された。

リセウ劇場の芸術監督クリスティーナ・シェペルマンは、6日にバルセロナでリポーターに対し次のように語った。「彼女はオペラとクラシック音楽をこえることで、オペラ歌手はオペラ劇場だけのものではなく、そのずっと先に行くものであることを示しました」

次ページイタリアオペラで活躍
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。