アフリカの視察団が集まる下町工場の秘密

「良い現場」は最高のセールスマンになる

仕上げとして、全社の仕事をいったん止めて「工場の丸洗い」を行いました。全員が防塵マスク、ヘルメットを装着し、床を磨き、白線をきれいに引き直します。2週間の予定だったところ手間取って30日もかかりましたが、天井のペンキ塗りにもこだわるなど、最後まで作業を続けたのが父親の英二氏でした。

「うれしかったですね。やり終えた瞬間、皆が一体になった感じがありました」

古参従業員の家族が工場にやって来て、床の白線を踏みそうになった時、その従業員が白線を踏まないように厳しくたしなめたこともありました。これを見た山田社長は、「これで新人、ベテランの心が一つになり、改革の土台ができた」と確信したそうです。

年に約280件の視察

今、評判が評判を呼び、日本だけでなく世界各国から、年間約280もの会社や団体が工場見学に訪れます。冒頭のアフリカからの視察団も、神戸国際協力センターの紹介で、日本のスゴイ「3S活動」の仕組みを見学に来たのです。

この見学が仕事にも結びついています。来訪した会社からは、「こんなに工場がきれいなら信用できる」との評価を受け、多くの取引が成立しているそうです。まさに、「良い現場は最高のセールスマン」が現実のものとなっているのです。

清潔さは、国の豊かさの表れと言われます。北欧やスイスの街並みがきれいなのは、豊かさに裏打ちされた美意識の発露だそうです。日本も負けていません。見えないところで手を抜かずきれいにするのは、日本人特有の美質です。「3S」は、そんな日本人に最もフィットした効率アップ策と言えます。

そして山田社長は、今日もせっせとトイレ掃除に励みながら、日本の良さを世界に発信してくれているのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。