価格と燃費を両立、HVには負けない

日産・新型ノート、企画責任者・水口美絵氏に聞く

日産の世界戦略を担う新型ノート、企画責任者・水口美絵氏に聞く--価格と燃費を両立、HVには負けない

日産自動車は9月3日、コンパクトカー「ノート」を全面改良(フルモデルチェンジ)して発売する。

7年ぶりの全面改良により、2代目に移行する新型ノートはエンジンの排気量を1.2リットル(初代は同1.5リットル)に小さくしたうえで、スーパーチャージャー(過給機)でトルク(回転力)を出す「ダウンサイジングエンジン」を採用した。25.2km/リットルとハイブリッド車(HV)並みの低燃費ながら、価格は145万円とHVより15万~25万円安く抑えた。

ノートは欧州を中心に全世界での販売を計画する「世界戦略車」でもある。日本国内では小型車「ティーダ」の後継モデルとしての役割も担う。

その商品企画責任者が水口美絵チーフプロダクトスペシャリスト(CPS)だ(=タイトル横写真=)。水口氏は、日本の自動車メーカーでは初めて女性として新型車の企画責任者を任された。

実は日産生え抜きでなく、大学卒業後はトヨタ自動車に入社。その後、退職して専業主婦だった時期もあるユニークなキャリアの持ち主だ。日本の自動車業界に新しい風を起こせるか--。水口CPSに聞いた。

-- 新型ノートの位置づけを教えてください。

新型ノートは日産が持つ車種ラインナップのスターティングポイントという位置づけです。幅広いお客様に受け入れられるベーシックなモデルでなくてはなりません。

また、ノートは日本における「グローバルグロースモデル」の第一弾となります。グローバルグロースモデルとは、会社の経営資源を集中投下して、世界で販売台数を稼ぐ車種のことです。資金だけでなく人材も集中的に投資して、短い期間にも優先して開発します。その分、荷が重かったですが、短期間で開発を終えた代わりに、市場の新鮮な情報を素早く反映することができました。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。