価格と燃費を両立、HVには負けない

日産・新型ノート、企画責任者・水口美絵氏に聞く



--CPSに指名されたときはどう思いましたか?

当時CPSは百戦錬磨の企画担当者がなる「いぶし銀」の役職だと思っていた。だから最初は「おこがましい」「私で大丈夫か」と思いました。ただ、前に担当した「キューブ」ではかなり自由にやらせてもらって、CPSに近い仕事を30代のうちにしていました。周りの人も大丈夫と言ってくれて、かなりサポートしてもらった。

--水口さんのご経歴はとてもユニークです。

新卒でトヨタ自動車に入社し、「クラウン」などのデザイン企画を担当しました。10年ほど務めた後、一度退職して専業主婦になりました。しかし、もっと私にできることがあるのではないかと。再就職先として何社か面接を受ける中で日産が最もカジュアルで、人間的だった。

トヨタはすごくしっかりして、優秀な会社。ただ会社主体ではなく、もっと人間主体の会社に行きたいというイメージがあって、それに日産が最も合っていた。日産では大型車ではなく、自分の生活実感に合った、自分でも買えるコンパクトカーをやりたいと希望しました。

 

 

--日産で初の女性CPSです。

社内の関連部署にはマネージャークラスに女性がたくさんいる。社内では普通のこと。「女性だから大変だったことは?」と良く聞かれるが、大変だったことはない。私自身が女性であることを意識したことはありません。

車の開発面では、毎日の生活でやることを軸に考えて、それをどれだけ車が楽しく便利にできるかを考えました。その発想は女性的なのかもしれない。男性は車の機能に対する関心が高い。ただ、それも東日本大震災で多少変わり、日常生活を大事にする男性も増えてきたのでは?女子は毎日の幸せにすごく敏感。遠い未来よりも、毎日のことをしっかりやろうとします。

これまでは私自身が出勤でも、週末の遊びにも、主婦としても車を使ってきた。ノートの開発には、女性の視点や主婦としての経験が生きたと思っている。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT