価格と燃費を両立、HVには負けない

日産・新型ノート、企画責任者・水口美絵氏に聞く

 

--世界戦略車として、どこを世界で標準化して、どこを地域最適とするかの判断が難しかったのでは?

確かに難しかった。ただ幸いなことに、この車はすべて成熟国にターゲットを絞っています。同じVプラットフォームの兄弟で言えば、マーチは新興国も成熟国も両方想定しています。サニーは新興国が中心ですが、成長市場なので簡単に情報が整理できない。そのためある程度「最小公約数」で車を作らざるを得ない。それに対し、成熟国ではコンパクトカーに対するニーズは一致しています。価格と燃費の二元価値です。

--お客の声をどう拾ったんですか。

ノートは年間12万台の販売を計画しています。そのためお客様からはピンポイントで声を拾うのではなく、お客様の日常生活のストーリーを聞き出し、私たちがその生活をいかに「楽に」「便利に」「楽しく」できるかを考えていきました。

社員の声も多く聞きました。この車は日常使うものだから、通勤に使うとか、奥様のために買うといった社員から偏りのない意見を拾いました。身近な人の意見は意識的に聞ききました。

想定する顧客層は小さい子どもを持ったビギニング(ヤング)ファミリーです。先代のノートやティーダは、幅広い顧客層がおり、性別もちょうど半々。その中でも年齢層の高いポストファミリーが最大のボリュームゾーンでした。

今回、ビギニングファミリーをターゲットとしたのは、もっとこの層を取り込みたいから。先代のノートやティーダは、排気量1.5リットル以上のエンジンを積んで、価格もやや高め。「良くできたカジュアルウエア」といった感じだった。

新型ノートは1.2リットルのダウンサイジングエンジンで価格を抑え、「ユニクロ」のようにどの世代にも受け入れられるベーシックカーにしました。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT