TPPは、消費者にとって「最高にいいもの」だ

TKO木本が、また「かしこ」になった

前回、マイナンバーについて学んだTKO木本。今回は、TPPのメリット・デメリットを学びます
TKOの木本武宏がTKO(東洋経済オンライン)にやってきた! ニュース番組を仕切る大司会者になる夢を実現させるための、大マジメなプロジェクト。
今回、第一タームの先生であるマネックス証券CEOの松本大(おおき)さんに講義してもらったのは、「TPP(環太平洋経済連携協定)」について。世界のGDPの40%の経済規模を持つこの貿易協定でどんなことが起こるのかを教えてもらいました。今回も、いろいろな疑問を解いていただき、かしこになりましたよ〜。
※「かしこ」とは関西弁で「賢い人」という意味です。
第1回 マイナンバーのこと、本当に知っていますか

TPPはいいの?悪いの?

松本:今回は、TPPについてお話ししましょう。

木本:TPPもいい悪いというのは、今もずっと議論されていますよね。

松本:TPPは日本にとってすごくいいことなんです。

木本:すっごい、いいことなんですね。まずはそれ知りたかった!

松本:基本的なところから説明しますとTPPは、トランス・パシフィック・パートナーシップの略称なんですね。太平洋を取り囲む12の国(オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、アメリカ合衆国、ベトナム)が参加して、今年の10月に大筋で合意しました。

木本:日本語では環太平洋経済連携協定でしたか。

次ページTPPはどのような協定か
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。