ベンツが探る「本当に安全で快適な高級車」

来るべき自動運転の時代をどう考えるか

F015でメルセデスが提案する2つ目のテーマが、人と車の情報のやり取りである「ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI、Human Machine Interface/Interaction)」について。ドライバーと車のHMIはこれまでも考えられてきたが、自動運転車になると、歩行者など外部環境との対話が非常に重要になる。現在はドライバーと歩行者、あるいはドライバー同士がアイコンタクトやジェスチャーで疑似的に対話しているが、自動運転車には通用しない。だからこそ、歩行者とのHMIが大切なのだ。

自動運転車と歩行者との対話は成立可能か?

メルセデスのコンセプトは「Shared Space」、車と歩行者で道路空間をシェアするという意味だ。3月に開催されたワークショップではF015が歩行者を認知すると停車し、路上にLEDで横断歩道を表示して、歩行者に横断を促すという仕掛けが披露された。

少し想像してみてほしい。商店街を歩いているとき、運転席に誰も座っていない車がスーッと入ってきたらどうか。あるいはドライバーがトランペットの練習に夢中で、全然こちら見ていないとしたらどうか。自動運転車はカメラやレーダー等により周囲の状況を認識しているが、こちらからは表情が読み取れない。次なる挙動をまったく予測できない相手なのだ。

人間同士であればアイコンタクトやジェスチャーでも伝わる。たとえば交差点に差し掛かった車に遭遇した歩行者が、ドライバーの様子を見て「この車は止まる気がなさそうだ」とか「止まってくれそうだ」などという判断もできるが、自動運転の世界では車側からの意図的な情報発信が必要だ。つまり、自動運転車が歩行者に対して「あなたの存在に気づいています」と伝えなければいけない。

HMI領域についてはまだまだ議論が必要だ。F015は疑似的な横断歩道を示すことで、歩行者に横断を促したが、ほかの方法も考えられる。また、歩行者が車に対して行う「お先にどうぞ」といったジェスチャーも、コンピュータは検知できなければならない。人間同士なら当たり前にできた行為を人間とコンピュータの間でどう実現していくのか、幅広い議論が求められる。

ひとつ確かなのは、自動車業界以外の業界との協業が欠かせないということ。F015の開発チームにはアレクサンダー・マンカウスキー氏という社会学者が加わっている。コンセプトカーの開発に社会学者が入るのは異例中の異例といっていいだろう。次回(11月17日配信予定)は東京モーターショー2015に合わせて来日したマンカウスキー氏へのインタビューをお届けする。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング