ベンツが探る「本当に安全で快適な高級車」

来るべき自動運転の時代をどう考えるか

メルセデス・ベンツは「F015」を通して自動運転の高級車としての価値を提案(撮影:中谷智)

2年に1度、日本で開かれる東京モーターショー。今年は東京ビッグサイトを舞台に10月下旬から11月上旬にかけて一般公開された。モーターショーは自動車メーカーが、コンセプトカーや新技術など、新しいトレンドを発信していく場だ。中でも世界の自動車メーカーが新しいコンセプトを発表する場として、最も重視してきたのがアメリカのデトロイトモーターショーである。

メルセデスベンツが決断した重要なこととは?

しかし、その点においてメルセデスベンツは今年、重大な決断をした。1月上旬に米国ラスベガスで行われた世界最大の家電ショー「International CES2015」。メルセデスはここで自動運転の新コンセプト「F015」をお披露目したのである。

自動運転とは、「認知・判断・操作」というドライバーが行っている運転機能を機械に任せるというもの。米政府の国家道路交通安全局(NHTSA)が定義した内容を記載する。一応この定義が先進国の共通認識だ。

レベル0:車の運転に関してコンピュータが介在しない状態
レベル1:自動ブレーキやクルーズコントロールのように部分的にコンピュータが介在する状態
レベル2:操舵(ハンドル機能)が複合的に加わった状態
レベル3:半自動運転。条件次第ではドライバーは監視義務から開放可
レベル4:完全自動運転

 さらに、米国の自動技術学会(SAE)では無人車の可能性を指摘し、この状態の完全自動運転をレベル5と定義している。現在はレベル2が始まったばかりだが、初歩的なものから高度なものまで幅が広い。そしてメルセデスが東京モーターショーでも披露したF015は2025年を見据えた自動運転(自動走行)のコンセプト。メルセデスは大きく分けて2つのことを提案している。

次ページメルセデスが提案した自動運転のテーマとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT