「苦手な人との雑談」うまく乗り切る秘訣は? 上司、同僚、お客様、誰でも使えます!

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 最新
拡大
縮小

相手の「いいな」と思うところを見つけ、そこを褒めて、相手に和んでもらったら、次のステップは「質問」です。

ステップ3 相手の「得意そうなこと」を質問し、相手に話してもらう

「面白い話をして、雑談を盛り上げよう」と思うから難しいのであって、「とにかく相手にいろいろ質問して、気持ちよく話してもらおう」と思えばいいのです。「あなたを尊敬していますよ」「あなたに興味がありますよ」という信号を送りつつ、相手が「得意そうなこと」「自信を持っていそうなこと」を質問していきます。

人は自分が得意なこと、興味を持っていることについては、饒舌になるものです。仕事の話や趣味の話など、相手の「ストロングポイント」を探りましょう。

「気難しい人は、自分の話などしたくないのでは?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。前回も書いたことですが、ほとんどの人が「聞く」より「話す」ほうが好き。人は「自分の話を他人に聞いてもらいたい生き物」なんですね。でも、聞いてもらえれば話題は何でもいいわけではなく、「自分の話したいこと」を他人に聞いてもらいたいのが人間です。

その焦点がどこにあるかを探ることです。そこでは前回書いた「聞いていい質問」が使えるので、こちらを参考にしてください。

場合によっては相手の話が難しかったり、自分があまり知らない分野だったりすることもあるでしょう。そんなときは「相手が先生、自分は生徒」と思ってみたらどうでしょうか。「先生に自分の知らないことを教えてもらう」という姿勢でいることができれば、どんな分野の話でも興味を持って聞けます。

これは実際に私もやっていることです。知らない分野の話を聞けば、それだけ自分の知見も広まるし、相手をより深く知ることができる。いいことづくめです。

相手の「いいな」と思うところを見つけ、そこを褒めて、いろいろ質問をして相手に話してもらっているうちに、気がつくと、気難しいと思っていた人と、すっかり打ち解けて時間を忘れて話し込んでいた……なんて経験は、私自身を振り返ってもたくさんあります。

もちろん必ずそうなるわけではありませんが、少なくともその場の雑談はなんとか乗り切ることができるのではないでしょうか。

今日のレッスンのまとめ

ステップ1 相手の「いいな」と思うところを、何でもいいのでひとつ見つける
ステップ2 とにかく相手を褒めて、和んでもらう 
ステップ3 相手の「得意そうなこと」を質問し、相手に話してもらう

 

この連載の一覧はこちら

魚住りえの「話し方講座 苦手な人との雑談」、いかがでしたか? この講座では話し方、スピーチのお悩みを持っている方からのご相談を受け付けています。こちらまで、ぜひお寄せください。

自分の「話し方」を変えれば、人生が変わります。そして、話し方は今回のように「ちょっとしたコツ」で劇的によくなります。

ぜひ、みなさんも「相手に好かれる話し方」「会話上手になる話し方」を身に付けてくださいね。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT