「モテる話し方」は、こうすればできます!

デート、合コン、初対面、すべて使える

 「モテる話し方」でまず大切なのは、「人間は『聞く』より『話す』のが好きな生き物だ」という大原則を、いつ何時も忘れないことです。

ほとんどの人は「聞く」よりも「話す」ことが好き

ポイント1 とにかく相手に話をさせる

私は仕事柄、いろんな人と話をしてきましたが、「『話す』よりも『聞く』ほうが好き」という人は、これまでほとんど会ったことがありません。「私は口下手で……」という人も、いろいろ話題を向けると、楽しそうに話し始める人が大半です。

特に女性は「話を聞いてほしい」生き物。だから、女性と上手に会話をしようと思えば、「とにかく相手に話をさせる」ことが大切です。

でも、男性って話を聞いてくれないんですよね。知人の男性に「奥さんが一生懸命、話をしているときに、何を考えているんですか?」と聞いたところ、「話がつまらないから、『今日の晩ご飯、何を食べようかな』と考えている」と言っていました(苦笑)。

女性の心をつかむには、とにかく話を聞いてあげること。私は「話すは3割、聞くは7割」がいいと思っています。

「話す9割、聞く1割」で、一方的に自分ばかり喜んで話す人がたまにいますが、それは「モテる、モテない」以前に、「コミュニケーションがとれていない証拠」。特に男性の中には「自分をよく見せたい」と思うあまりに、「一方的に自分ばかり話しがちの人」もいるので、ご注意ください。

お酒を飲んで気分が高揚しているときも、「自分語り」になりがちなので要注意です。いつ何時も、「とにかく相手に話をさせる」のが基本、と思ってください。

ポイント2 上手な相づちで「話を聞いている」アピールを

話を聞くときのポイントは、「上手な相づち」を打つことで、相手に「話を聞いているアピール」をすることです。でも、相づちで損をしている人って、男性、女性に限らず、意外にたくさんいらっしゃいますよね。

・「はい、はい、はい」と、「はい」を連発する人
・「確かに」「確かに」と、相づちで「確かに」ばかり言う人
・「なるほど」「なるほどですね」と、何でも「なるほど」をつける人
・「でもね……」と、必ず「否定」から入る人

 

こういう人は、悪気はなくても、相手の「話したい気持ち」を損ねてしまっているので、要注意です。相づちは無意識でしている人も多いので、ぜひ一度、会話を録音して、自分がどんな相づちを打っているか、確かめてみてください。

「では、どんな相づちを打てばいいの?」という声が聞こえてきそうですが、私がお勧めしているのは「こんな相づちの打ち方」です。

次ページお勧めは「共感を示す」相づち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。