日本と欧州の発想を融合が強み--独系軸受け大手シェフラージャパン自動車部門社長・四元伸三氏

日本と欧州の発想を融合が強み--独系軸受け大手シェフラージャパン自動車部門社長・四元伸三氏

ベアリング(軸受け)世界2位、自動車部品メーカーとしても有数の規模であるシェフラーグループ(本社:ドイツ・ヘルツォーゲンアウラハ)。4月に日本法人のオートモーティブ部門社長に就任した四元伸三氏(=写真=)に、今後の事業戦略や日本の自動車産業に対する見通しを聞いた。

--シェフラーグループの特長は。

シェフラーグループの全身であるINAは1946年にドイツで創業しました。終戦後、焼け野原の時代です。敗戦国であるドイツは金属加工を禁止されていたため、木製のトロッコ作りで創業し、その後、ニードルベアリングの製造へと事業を拡大していきました。

こうした経緯から、いわゆるドイツ人気質“マイスターシャフト”に加え、限られた資源を大切にする姿勢がシェフラーにはあると感じます。モノを大切にする気持ちは日本にも通じるものです。それと、グローバルな精神性の両方をシェフラーは併せ持っている。そこが特徴のひとつだと感じます。

また、自動車事業のほか、ロンドンアイ(テムズ川沿いの観覧車)に当社のベアリングが採用されていたり、モータースポーツに技術提供をしていたり、大型から小型まで幅広い製品を手掛けている。そういう面でも、非常に面白い会社です。

--日本での事業目標を。

シェフラージャパンの売上高は、現時点でグループ全体の5%を占めており、昨年は約5億ユーロでした。これを中期的にグループ全体の10%、さらには20%まで引き上げたいと考えています。そのための施策として、まず、「グローバルキーアカウントマネジメント(GKAM)」を強化します。

GKAMとは、日本で日本のお客さんの窓口となるマネージャーが、シェフラーグループ全体を動かしていく仕組みです。そのためには、日本で開発が出来なければならない。現在、日本国内の開発エンジニアは100名ですが、これを数年内に300人に増員する計画です。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT