後輩との関係:新入社員をどう受け入れる?

 

そんなプログラムが進行する一方で、現場でも新入社員の受け入れ準備が進みます。導入研修から配属されて

※職場の人間関係の理解
※基本行動の習得

など、現場での教育担当を決めて計画を立てなければなりません。

ところが3月は忙しい時期。バタバタと業務に追われて4月。気がつくと新入社員の「よろしくお願いします」との挨拶に遭遇して、「しまった、ちゃんと準備すればよかった」と反省している教育担当はたくさんいるはずです。

新入社員の存在にいちばん刺激を受けるのは入社2年目組。ついこの間まで、周囲に甘えていればよかった末っ子に弟、妹ができたようなもの。自分が後輩から尊敬される立場になろうと、仕事に対する取り組み変化が出てきます。

「後輩から頼りにされる存在になりたいです」

と話してくれたのは広告代理店に勤務する2年目のDさん(23)。つい最近まで仕事に対する責任感が欠如していると注意されていたのに、後輩の登場で発言や態度に大きな変化。わからないことは質問。積極的な態度に「どうしたの?」と変化に驚く先輩たち。

「これまでのように甘えていられません」

と語る決意が継続することを心から願うばかりです。ちなみに最近の新入社員を育成するキーワードは早期戦力化。時間をかけて教えるより、現場に配属して先輩の指導で仕事を覚えるスタイル。いわゆるOJT(On−the−Job Training)の活用。日本が長年にわたり培ってきた現場主導の人材育成のよさが見直されています。

一方で、長期に及ぶ研修を施す英才教育的なプログラムがはやった時期もありました。10年前くらいの話です。海外留学、経営の基本を学べる社内MBAコースの設立など、職場の実務を大きく超えた領域まで教える内容になっていました。ところが

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT