コーランには本当は何が書かれていたのか

全米図書賞ノミネートの注目の書を読む

本書は、こうして始まったカーラとアクラムのコーラン講読レポートとなるはずだった。しかし読みはじめるとすぐに、これは私が予想したようなコーラン解説本ではないことがわかった。この本は、カーラの――そしてアクラムの――「旅」の物語なのだった。それは両者がこれまで歩んできた人生を、もう一度歩み直す旅であり、今日の世界を改めて読み解く旅であり、アクラムの故郷であるインドの村の暮らしに入り込む旅ともなる。

読者である私は、その旅路を二人とともに歩ませてもらい、そこに広がる光景を見させてもらう。そうして時間と空間を股にかけ、重層的な文化を掘り下げる旅をつづける中で、少しずつ、私は実感するようになったのだ――異なる思考の枠組みを理解するということは、なんと骨の折れる作業なのだろう、と。

都合の良い文言を拾い出すのは間違い

コーランはそれ自体として複雑な世界であり、自分の考えを支持してくれる文言を求めてこの書物をめくるなら、かならずや、期待に沿うくだりを見つけることができるだろう。けれども、イスラム教徒としてのアイデンティティを求めたり、権力を求めたり、あるいは西欧への対抗意識を満たしたりするために、都合の良い文言を拾い出すのは間違いだ、とアクラムは言う。良く生きるために、というコーランの根本精神に即し、個々の文脈を踏まえなければ、人は誤りに導かれる、というのである。

基礎となる精神を理解し、文脈を踏まえることが大切だとは、なんとも当たり前の話のように聞こえるかもしれない。だが、現実には、それが非常に難しいのである。

人が何かを理解しようとするときには、自分がすでに手にしている「ものさし」を、その対象に当ててみる。だが、異なる思考の枠組みを理解しようとする場合、その方法は役に立たない。そんなやり方では、何も測ったことにはならない。異なる枠組みを理解し、その枠組みの中での「ものさし」を手に入れるためには、このような旅を続けていかなければならないのだ。

私はこれまで何度も、「イスラム教って、ほんっとに部族社会と相性がいいんだから!」と吐き捨てるように言った。部族社会にありがちな、女性を虐げるもろもろの習慣に、イスラム教がお墨付きを与えているように見えたからである。

次ページゆがめられたコーランの精神
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。