注意!「イスラム」と「西洋」は戦争していない

誤解と不寛容が拡がるのを阻止せよ

(写真:YNS / Imasia)

十数年前にイスラム過激派に殺害されたオランダの映像作家テオ・ヴァン・ゴッホ氏。彼には、風刺週刊紙「シャルリー・エブド」と共通点が多い。殺害されたフランス人編集者や漫画家同様、扇動的な道徳上の無政府主義者であり、タブーを犯すことを恐れないショックアーティストだったのだ。

反ユダヤ主義は戦後の欧州で厳格なタブーだ。だから彼はガス室にまつわる下品なジョークでユダヤ人を侮辱した。イスラムは「尊重」しなければならないという風潮がある。だから彼はアッラーとアッラーの預言者を笑いものにした。

言論の自由は絶対ではない

タブーを破る者たちの目的は、言論の自由が法的そして社会的にどこまで許されるかを試すことにある。言論の自由は絶対ではない。フランスを含むほとんどの欧州各国にはヘイトスピーチを禁じる法律があり、ホロコーストの存在を否定することは禁じられている。

扇動者は、意図的に不敬な態度を取ることでそうした社会的な壁に挑む。芸術やジャーナリズムには因習打破主義の住まう余地があり、暴力的攻撃に屈するべきものではないのは確かである。

だが、シャルリー・エブドを「民主主義」だとか「西洋文明」の代名詞だとするのは大げさすぎるだろう。イエメンのアルカイダは東洋とイスラム文明の代表だ、と言うようなものだ。

民主主義は、西洋あるいはそれ以外のどこでも、利益を求める争いを法の枠組みの中で平和的に解決するという意志の上に成り立っている。民主主義が機能するには、市民にギブ・アンド・テイクの覚悟が必要だ。すなわち、文明社会では、同じ価値観を持たない人々を意図的に侮辱することなく、文化的または宗教的な違いを受け入れるということでもある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT