意見広告?こんなイスラム批判は許されない

同性愛者容認問題を巧みに利用

保守的な時代にある米国で、リベラル派の数少ない勝利の一つは同性愛が受容されたことだ。同性結婚は連邦政府に認められ、35の州で合法だ。

米国以外では欧州や米大陸の19カ国で同性愛者のカップルが結婚できる。アフリカで同性結婚を許しているのは南アフリカだけであり、アジアや中東で合法な国はなく、同性愛者と公表するのは極めて危険な事態を招く可能性がある。ウガンダは昨年、同性愛行為で捕まれば終身刑となる法律を制定した。

広告に違和感

12月23日付ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された意見広告の見出しも間違いではない。か弱げな若い米国人男性の写真の下に、「ハマス、イスラム国、イランは、私のような同性愛者を殺す」とあり、最後の文に「イスラエルでは、私は自由だ」とあった。もっとも、ユダヤ教正統派の反対があるため、イスラエルでも結婚する自由などない。

画像を拡大
ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された意見広告

この広告には違和感がある。広告料金を支払ったのは、マスコミで人気のユダヤ教正統派のラビ、ボテアック氏だ。

彼は「米国のラビ」としても知られ、イスラエルと「ユダヤ教の価値」を推進する権利擁護団体「THIS WORLD」を率いている。また同団体の祝賀会でスピーチを依頼される1人に共和党右派のペリー元テキサス州知事がいる。彼はかつて同性愛をアルコール依存症に例えた。

ユダヤ法では同性愛は忌み嫌うべきことと考えられており、またテキサス州は同性愛者の結婚を禁止しようとした。

もっとも、この広告で最大の気掛かりは、こうした偽善ではない。イスラエル政府を批判する人々が、中東の他地域で同性愛者への暴力を容認しているとほのめかしていることだ。

「イスラエルに罪を負わせながら、ハマス、イランやその他の国々が同性愛者のコミュニティにもたらす抑圧と暴力に対して沈黙を守る人々よ。恥を知れ。あなたたちは彼らが私たちを文字どおり殺すことを許している」と広告にはある。

次ページ2つの関係のない問題を混同
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?