経済制裁が効かない理由はどこにあるのか

粘る北朝鮮、「効く」「効かない」の境界線は?

ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントの映画「ザ・インタビュー」をめぐって米国と北朝鮮が対立(写真:UPI/アフロ)

欧米諸国によるロシア、イラン、キューバに対する経済制裁が話題になっている。21世紀の国際政治に制裁が果たす役割は高まりつつあり、過去の成果を考察する価値はありそうだ。

ゲリー・ハフバウアー氏とジェフリー・ショット氏の著書にあるように、経済制裁の歴史は少なくとも紀元前432年にさかのぼる。この年、ギリシャの軍人政治家ペリクレスが、3人の女が拉致されたのを受けて「メガラ法令」を発した。現代では、米国がさまざまな目的のために経済制裁を活用してきた。

経済制裁の限界

冷戦時代にも、米国は中南米の非友好国の政府を不安定化させる目的で制裁に踏み切った。ただし制裁は、最終的に政権が崩壊した国でさえ、マイナーな役割しか果たさなかったようだ。1990年代初めのセルビアに対する経済制裁は、ボスニア侵攻を抑止できなかった。

旧ソビエト連邦も中国、アルバニア、ユーゴスラビアに制裁を実施したが、効き目がなかった。例外はフィンランドへの1958年の制裁で、政策を変更させた。

キューバに対する米国の厳しい経済制裁は、カストロ政権を屈服させるに至らなかった。むしろ外交関係を再構築しようともくろむオバマ大統領の政策のほうが、大きな効果を発揮しそうだ。

しかし制裁が奏功する場合もある。1980年代には、国際合意に基づき南アフリカに対して経済制裁が実施され、アパルトヘイトを廃止に追い込むのに役立った。同様に、制裁が効いたおかげもあって、イランが交渉のテーブルに着いた。

現在、ロシア経済は大きな困難に直面している。ただしこれは、制裁の効果というより、実際にダメージを与えたのは国際原油価格の大暴落だ。暴落がロシアの歳入に大きな打撃を与えており、米国とサウジアラビアがロシアを屈服させようとたくらんでいるとの見方もある。

次ページ米国の戦略家を買いかぶった見方
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT