女がガッカリする会社は男もだいたい不幸だ

白河桃子さんと考える最強の就活と働き方

常見:ここで強調しておきたいのが、柔軟な働き方を認める=女性救済ではないということです。男性も含めて、全社員単位で環境を変えていかないといけない。

白河:まずはみんなでやってみようという姿勢が大事です。そこからさらに課題が見つかったら、また別の働き方を導入したほうがいいでしょう。トライアンドエラーを繰り返すことで、最適解が見つかるのではないでしょうか。

「おカネがどれくらい好きか」自問自答してほしい

常見:これから働き方に苦労するのは、主に20代の若い会社員が中心です。彼らは出産や介護、見込みのない出世争いとさまざまな悩みを抱えることでしょう。「おカネがどれくらい好きなのか」を考えることが非常に大事だと私は思います。学生や若い働き手は、自分が幸せに生活するにはおカネがどれくらい必要なのか考えてほしいし、知ってほしい。そうすることで自分が選ぶべき選択肢が見えてくると思う。

白河:実はやりがいよりもどれくらい稼ぐかのほうが大事なんですよね。それは発展国から先進国まで共通する話題です。

常見:日本では、どうしてもおカネが神聖視され過ぎています。でも、やりがいについて議論するよりも、まずはおカネについて話すことのほうが重要なのではないでしょうか。

白河:海外のミレニアム世代は、おカネよりも大切なものがあるよねという考え方が主流です。しかし、日本ではおカネの論点が抜けて、いきなりやりがいのほうに目線が行っている気がしますね。

常見:おカネにおいても、やりがいにおいても自分がアトラクティブだと思える企業で働けるのがいちばんです。知名度や制度の有無じゃなくてね。

白河:そうですね。学生も今の若い働き手も、自分の中にそういった指標があればいい会社選びができると思います。

常見:ありがとうございました!

「アトラクティブ」という言葉が実に印象的だった。いや、この言葉、最近話題のキーワードなのだ。若年層の人口が減って行く中、また、育児や介護と両立しながら働かなければいけない中、さらには多様な才能を採用するためにも、その職場が単に知名度だけでなく、働きやすさを含めて「アトラクティブ」でなければならないのだ。

経営者や人事担当者は、自分の職場はアトラクティブなのかという意識はあるだろうか。自社のアトラクティブ度を考えてみよう。あっ、大学のキャリアセンター職員から絶賛されている白河さんと私の共著『女子と就活』(中公新書ラクレ)もよろしくな。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT