新型iPhoneを2週間使い続けて体感したこと

日常のあらゆる作業が高速化する

iPhone 6s、iPhone 6s Plusは、デザインはそのままに、強力なプロセッサと数々の新たなインターフェイス、新しいカメラの魅力を備えた、正常進化のスマートフォンといえる。

もちろん性能そのものの向上は、Androidデバイスの方がより速い速度で進んでおり、メモリの大容量化や4Kビデオのサポート、インカメラの高画質化などは、アップルが競合に追いついたという印象が色濃い。

チューニングが光る仕上がり

しかしながら実際に使っていく過程で、ただ処理能力が速いだけでなく、操作の手順やかかる時間を省略あるいは高速化するチューニングが光る仕上がりとなっている点が印象的だった。

搭載されるソフトウェア、iOS 9では、音声アシスタントのSiriや検索機能の向上、ユーザーの利用動向を学習し、連絡先やアプリなどをさっと差し出してくれる「賢さ」を備えるようになる。

ハードウェア、ソフトウェアによって、日々必ず何十回と行う1つずつ操作に、細かな高速化が施されていくと、結果的に大きな変化として認識できるようになる。2週間でも、その変化は体験できるほどで、iPhone 6にすら戻れなくなってしまったほどだ。

スマートフォンを使うユーザーの感覚まで高速化してしまうiPhone 6sは、細かすぎるがしかし大きな進化を遂げた1台、と評価することができる。

iPhone 6sでの写真の撮影。逆光でもここまで明るく撮ることができる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。