新型iPhoneを2週間使い続けて体感したこと

日常のあらゆる作業が高速化する

iPhone 6sのカメラは1200万画素に向上した。これにともない4K動画の撮影をサポートしている。

画像を拡大
あらかじめ設定アプリでモードを切り替えると、4Kビデオの撮影ができる。1分間に約375MBの容量となる

残念ながらiPhone 6s、iPhone 6s Plusともに、4Kの解像度を持つディスプレイではないため、端末では縮小表示となるが、再生中のビデオを写真のように拡大し、拡大行きも移動できるようになったため、4Kビデオの高精細な画質を、「撮影後のズーム」という形で享受できる。

また、新しい写真の提案として搭載されたのがLive Photosだ。1200万画素の写真に加えて、シャッターの瞬間の前後1.5秒ずつ、合計3秒間の音声付きビデオが常時に記録される仕組みだ。ビデオはデータ量が抑えられており、コマ落ちをしているような動きを見せるが、そのかわりLive Photosのデータ量は通常の写真の倍で済む。

意外と1.5秒は長い

撮影のコツは、落ち着いてゆっくりと撮ることだ。写真を撮る際、シャッターの瞬間だけぶれなければ良い、という意識が強いため、その間隔で撮影すると、前後のビデオが大きくぶれていたり、被写体が狙えていなかったりする。意外と1.5秒は長いのだ。

画像を拡大
シャッターを押した瞬間の写真とともに、前後1.5秒ずつ合計3秒の音声と動画を記録するLive Photos

シャッター後は、画面に「LIVE」と黄色いマークが表示され、動画記録中であることが分かるが、シャッター前は特に表示されないため、通常の写真を撮影するよりも落ち着いて被写体を狙い、しっかりと脇をしめて固定しながら、一呼吸置いてシャッターを切ると良いだろう。

Live Photosの作例は、ビデオを参照して欲しい。決定的瞬間の前後の様子が含まれており、その瞬間を少し逃していても、ビデオに含まれている。写真以上に、その場の様子を思い出すことができ、思い出深いシーンを残すことができる。

写真アプリめくると、Live Photosは少しだけ動き、ビデオが含まれていることが分かる。これを3D Touchで押し込んでいる間、再生される仕組みだ。なお、3D Touch非対応のiPhone、iPadでもiOS 9にアップグレードすれば、Live Photosを再生できる。その際、画面を長押ししている間の再生、となる。

次ページディスプレイ側のカメラも進化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。