新型iPhoneを2週間使い続けて体感したこと

日常のあらゆる作業が高速化する

加えて、ホームボタンに内蔵された指紋センサー「Touch ID」は第二世代のセンサーとなり、体感できるほど高速化されている。

カメラについては、iPhone 4S発売の2011年以来、センサーを変更しながら800万画素を使い続けてきたが、iPhone 6sでは1200万画素のセンサーを搭載し、高画素化へと舵を切った。センサー間のカラーノイズを押さえ、発色の良さをウリとする。また、高画素化したことから、iPhoneシリーズとしてはじめて4Kビデオの撮影をサポートした。

頻繁に使う動作が、毎回数秒単位で削られていく

内部的に大幅な進化を遂げたiPhone 6sを使い始めると、すぐにその進化を体験できる。あらゆる局面で、これまでと同じ姿形のiPhoneが、高速に動作してくれるからだ。新しいハードウェアと、これに組み合わせている新しいiOS 9は、非常に高いパフォーマンスを示してくれる。

画像を拡大
3D Touchの活用例。ホーム画面では、アプリごとに機能に直接アクセスできるショートカットが用意されている

まず体感できるのは、アプリの起動、切り替えが高速であるという点だ。特に、アプリ切り替えは、非常に高速に動作してくれる。

筆者が1年間使用してきたiPhone 6 Plusでは、アプリを切り替える際、その都度アプリを再起動するようなイメージだった。特に、3つのアプリ以上が絡むと、アプリ切り替え時の各アプリの再起動は免れなくなっていた。

その点、iPhone 6s Plusでは、アプリ再起動の繰り返しがなくなり、その都度3秒〜5秒ずつ、時間が短縮されるのである。

具体的にはどういうことなのか、詳述しよう。

次ページ「待たされる」ということがなくなる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。