輝き続ける人には、巧みな「愛され力」がある

ゴン中山、現役復帰までの「言葉」に学ぶ!

実際、中山選手は現役時代のインタビューで記者から「あなたはどうしてそんなにみんなから愛されるんですか?」と質問されたのに対し、「サッカーがヘタクソだからじゃないんですか」と答え、周囲を和ませました。

さらに、中山選手ならではの「愛され力」を感じさせるエピソードとして、以下のようなものもありました。

しばらく会っていなかった友達が突然やってきて、酒を飲もうと誘われる。友達の誘いを断ることがストレスになるのなら、翌日の朝早くから練習があったとしても遊んだほうがいい。アルコールを遠ざけることがストレスになるのなら、飲んでもかまわないと思う。
たいせつなのは、立ち止まったぶんをすぐに取り返すこと、開いた穴をすぐに埋めることだ。「明日にしよう」は絶対にやってはいけない。開いた穴を放っておくと、どんどん崩れていく。

 

「愛され方」と併せて、問題を先送りにしない「自律性」の強さもうかがえますね。問題の先送り・先延ばしは、私たちの不安を増やし、不安からの焦り・苛立ちにもつながります。中山選手の巧みな感情コントロールはこうした点にも潜んでおり、さらに感情面については

1年365日、途切れることはない。
すべては欲からはじまる。向上心も欲。
こうなりたい、こうしたいという欲が身体を動かし、願いをかなえるのだと思う。

 

といった表現をされており、自身の目標管理と直結させているところにいっそうの「冷静さ」を感じます。 

「意味報酬」で確立されるゴンブランド   

冒頭に「内発的動機づけ」のことを書きましたが、この対極にあるのが「外発的動機づけ」で、これはたとえばテストで高得点を取るためにする勉強、昇給を目指して頑張る仕事などを指します。

ここで改めて中山選手の「報酬」に関する言葉を見てみると、

お金を稼ぐためにサッカーをやっているのかと聞かれたら、そうではないと答える。
たいせつなのは毎日サッカーできることに感謝すること。サッカーに対する真摯な姿勢を見てもらい、共感してもらい、応援してもらうことだと思う。
いつまでも“ゴン”をプロフェッショナルであり続けたい。

 

と、金銭報酬がサッカーをする動機になっていないことを強くアピールしています。

モチベーションにかかわる企業コンサルを手掛けるリンクアンドモチベーションの小笹芳央会長は、金銭以外の報酬のことを「意味報酬」と呼んでいます。同氏は、強い組織には「金銭報酬」に加え、リーダーへの心酔、仲間との絆、仕事に内在する使命感、自己の成長感などの「意味報酬」を、構成員に与えられる仕組みがある、と指摘しています。

次ページファン作りもブランド作りも、組織作りと同じ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT