輝き続ける人には、巧みな「愛され力」がある

ゴン中山、現役復帰までの「言葉」に学ぶ!

そして、サッカー関連情報を扱う『SOCCER KING』のインタビュー「中山雅史と日本サッカー。ドーハの悲劇を原点とする成長物語」では、引退後、解説者となった自分について、率直な悔しさを語っています。

ただ、自分がプレーできないから悔しいよね(笑)
ピッチの脇でマイクを握ってレポートしているとね、「ウォームアップだけでもやりたいな」って思うんですよ。例えば、最初の15分だけ公開するトレーニングがあるでしょ。当然ながら僕自身も15分間しか見られないわけで、日本代表との“距離”を感じちゃうんですよね。
「ああ、アイツらは今から身を隠して戦う集団に変わるんだな」って思うと、やっぱり羨ましいというか(笑)

 

きっと、3年間ずっと「もどかしさ」を抱え、笑顔の中に心の火を絶やすことなく、虎視眈々と復帰の機会をうかがっていたのでしょう。

今後コンディションをプロのレベルにキープする努力は、並大抵のものではないと想像できます。ご本人も不安はあるでしょうが、自らの「内なる動機」を大事にしている人は、その動機をエンジンにネガティブな感情を打開できるもの。そのパワーを爆発させることで、かつてのプレースタイル同様、熱くて実直なサッカーに突き進まれることと思います。

錦織圭選手の記事などでも書いていますが、アンガーマネジメントのベースになっている理論は「ソリューション・フォーカス・アプローチ」。「未来志向で、今できることに集中し、最善の結果を目指そう」という考え方は、中山選手の思考にも生かされているのですね。

冷静な自己分析と「愛され方」の熟知 

さらに、同書籍の中にはこんなコメントもありました。

ぼくはたとえ思うことがいろいろあったとしても、監督と衝突しようとは思わないまずチームを最優先し、監督が要求することのせいいっぱいチャレンジし、そのうえで自分らしさを出す。

 

サッカーは団体競技ですから、組織の一員として当然のコメントのようにも映りますが、中山選手のような”スター”が発言するからこそ、その意味がチーム全体に浸透し、チームの統制にも寄与します。

アグレッシブなプレーやテレビでのはつらつとしたコメントから、中山選手に「猪突猛進型」といったイメージを持つ人もいるかもしれませんが、内実はクレバーそのものと、私は感じます。つねに冷静に自己分析し、自身の役割を正確に把握していらっしゃるのでしょう。

中山選手の藤枝東高校時代の恩師・鎌田監督の弁には、「中山は、自分の足りない面を何で補い、どのようにアピールするかを高校時代から知っていた」というものがありました。上手な「愛され方」をわきまえていて、愛されるからこそ貢献意欲を発揮し、高いパフォーマンスにつなげるプロセスを巧みに作ってきたのでしょう。

こうした点も、今回再び現役選手としてチームに招聘された一因なのではないでしょうか。

次ページ「愛され力」と「自律性」のバランス
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT