企画を通す人が実践する「2軸グラフの法則」

数字の使い方次第で、説得力は大きく変わる

企画を通す人が実践しているデータの使い方とは?(写真:Graphs / PIXTA)
上司に、毎月の売り上げや現場の状況を報告する際に「それ、ちょっと数字で説明してくれる?」と言われて焦ることはありませんか?
そんなときに、
「自分の経験から考えて……」
「○○さんの意見では……」
などとあいまいな言い方をしては、その場がしらけてしてしまいます。それこそ“仕事ができる人(=結論を出してモノゴトを前に進められる人)”への道も遠くなるというものです。
元日産でグローバル役員を前に、多くの企画や課題解決を「数字」を武器に通してきた柏木吉基さんが、ビジネスにおけるデータと数字の使い方を紹介します。

なぜ「数字で説明できないのか」

「数字で説明してくれ」と言われて困った経験を持つ方はいないでしょうか。

でも、「自分はそう思うから」「経験的にそう感じたから」という理由は、単なる主観的な感想でしかなく、上司は納得してくれません。納得されなければ、何も物事は先に進みません。僕がいたグローバル企業ではなおさらで、相手にもされません。

ではどうしたら「数字」で説明できるようになるのでしょうか?

「数字で説明できない」と考えるあなたも、「自分はこうだから、こう思っている」という理由をもっているはずです(もっているから、発言をしたのですよね)。だったら、まずはそれを利用しましょう。

「自分はこうだから、こう思っている」。

これは、つまり「仮説」です。

「仮説」というと難しいものと思うかもしれませんが、なんてことはない「思い付き」も仮説の一種です。

この「仮説」が「数字」に結び付けば、「数字で説明して」納得のいく主張ができるわけです。では、どうしたらいいのでしょうか。

次ページ仮説を数字で解説するコツとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT