99%の人がやらかす「ダメ資料」ランキング

なぜ「だから何?」と言われてしまうのか

(写真:zon / PIXTA)
会議でプレゼンしても、なかなか賛同を得られなかったり、顧客が提案を受け入れてくれなかったり……。「おかしいな?」と思った経験はありませんか。それは、資料作成において「致命的な間違い」を犯していることが原因かもしれません。
資料作成のプロといわれる外資系コンサルタントも、最初は同じミスを犯すといいます。『外資系コンサルが入社1年目に学ぶ資料作成の教科書』の著者が、コンサルタントとして、また人材育成部門のリーダーとして数千人の指導をしてきた中で、「ああ、またこれか」と嘆き修正してきた、資料のNGパターンを紹介します。

 

外資系のコンサルタントにとって、資料とは多額のコンサルティングフィーの妥当性を問われるもっともわかりやすいアウトプットです。それゆえに、新人は研修で基礎を学び、現場では先輩コンサルタントから情け容赦のないレビューを受けます。

なかでもプロなら必ず「やり直し」を通告される、ダメな資料の「あるあるパターン」を見ていきましょう。

プロフェッショナルの世界では「あのグラフ」は禁止

第5位:何でも円グラフ

みなさんが資料作成の中でよく使うグラフはいくつくらいありますか? 4つ以上グラフの種類が上がった方はいい線いっています。基本のグラフは4つあるからです。量を比較する縦棒グラフ、変化を見るための折れ線グラフ、順位を表す横棒グラフ、内訳を表す円グラフです。

この中で最も使われがちでありながら、もっとも使わないほうがよいのが実は「円グラフ」です。円グラフは割合を角度や面積という正確に比較しにくいものに頼る表現のため、詳細な比較には向いていないことが理由です。

次ページあのグラフが危険
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT