男からの嫉妬は「おだて・スルー・一蹴」で解決

3パターンに分類すれば意外と簡単

①おだてる

同僚男子が手ごわい、つまり絶対的に相手の実力が勝っている場合、無駄に戦わず彼の自尊心を満たしておだてるのが得策。「すごいね!」と彼のプライドをくすぐり、自分の大変な仕事をさりげなく手伝わせるくらいの、女性ならではのオトコの扱いが効果的です。

②スルーする

タチの悪い嫉妬心を抱いている同僚男子の場合、とにかく面倒くさいので無視するのがいちばんです。認めてほしいという欲求が強いので、スルーされると自ずと彼の態度も軟化します。手ごわい男性にも使えます。

③一蹴する

手ごわくなく、嫉妬の強さもそれほどではない同僚男子の場合、あえて戦って一蹴するのも対処法のひとつ。男性は実力差を認識した瞬間、上下関係を受け入れるので、嫉妬心が浄化される可能性が高いです。

本来はオトコの嫉妬は見苦しいだけだということを、男性側が気づけば解決する話ですが、残念ながら男性の意識ががらっと変わるには時間がかかりそうです。面倒くさい男性同僚を手のひらの上であやつるスキルは必要だと思います。

面倒くさい男性部下はチーム論で考える

次に、管理職にとって面倒くさい男性部下の対処法をご紹介します。男性部下の対処法を考えるうえで便利なのが、チーム内の役割に関するお作法です。

そもそも管理職に期待されるのは、プレーヤーとしての本人のパフォーマンスではありません。チームのパフォーマンスを上げるマネジメントが期待されます。自分が頑張るのではなく、周りが頑張ってくれる。そういうチームをつくるためのお作法です。

役割論のお作法では、2軸のマトリクスで4つの役割に分類します。

A軸:優秀←→優秀でない

B軸:勤勉に働く←→ゆとりをもって働く

次ページ4つのパターンとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。