すれ違い続出?英語の「時間表現」にご用心

日本語の「~している」の英訳で大混乱!

「今プロジェクトを抱えています」 → I am having a project now.(間違い。I have a project now.

 

「プロジェクトを抱えています」は、意味的には「今行なっていること」ですので、現在進行形で正解なのですが、haveという動詞、実は進行形にできない状態動詞と呼ばれるもの。これは現在形のままで「~を持っている」という意味になります。これにはタロウさんの顔が少し曇りました。

「状態動詞かどうかはどうすればわかるんですか」。お気持ちはお察しいたしますが、とりあえずよく出てくるものは暗記してしまうしかないですとお伝えしました。know「~を知っている」belong「所属している」などが状態動詞の仲間です。

「食堂は閉まっています」 → The cafeteria is closing.(営業時間外という意味では間違い。The cafeteria is closed.

 

これはちょっとややこしいのですが、「~ている」という日本語で表されるものの中には、英語では形容詞を使うものがあります。

たとえば「閉店している」にはclosedという形容詞を使います。動詞のcloseを進行形にしてThe cafeteria is closing.というと、「今まさにシャッターが下りて店が閉まっている最中」という意味になります。同じようにdead「死んでいる」married「結婚している」fat「太っている」なども日本語では「~ている」と訳しますが、形容詞を使います。タロウさんの感想は「解ったような、解らないような。なんかダマされている感じ」。そんな、レッスンでダマしたりしませんよ! これもよく使うものは覚えていくしかないでしょう。

「キャンペーンは始まっています」 →The campaign is starting.(もう始まっているという意味では間違い。The campaign has started.

 

「キャンペーンは始まっています」というのは、「始まっている最中」という意味ではなく、「始まった状態が続いている」ということですよね。「終わっている」や「落ちている」と同じで、「終わる最中」「落ちる最中」ではなく、「終わってしまった状態である」「落ちてそこにある」という意味。

動詞や文脈によりますが、英語の現在完了形と似ています。現在完了形というと過去形とよく混同されるのですが、過去形でThe campaign started.と言うと「キャンペーンが始まった」という意味。The campaign has started.と言うと、「キャンペーンはもう始まっています」という感じ。事実としては同じなのですが、「始まった」という動作自体がポイントではなく、「始まって、それが現在も続いている状態」ということがポイントになります。

タロウさんには難しいかなと顔色をうかがっていたのですが、「なるほど!」と納得。「現在完了形ってよくわからなかったけど、なんか今日わかった気がする!」とのこと。筆者もこれを機に、「現在完了を教えるときには『~ている』の例文で教えよう」と思ったのでした。どうしても過去形の文と同じ日本語訳になってしまって、違いが通じないことが多いんです。これは筆者の中でも、ちょっとした発見でした。日本語にも現在完了形に似たものがあったんですね。

タロウさん、ご乱心!

「ここで3年働いています」 → I am working here for three years.(間違い。I have been working here for three years.

 

現在完了形の話がすんなりと終わったので、現在完了進行形もすぐに納得してもらえるだろうと思った筆者が甘かった……。現在完了進行形を使うと「ある行動がどのくらいの期間続いて、現在に至っているのか」ということが表現できます。つまり「入社して3年になります」とか「結婚して3年です」なんて言うときに、とても便利な表現。これが、日本語では「どのくらいこの会社で『働いている』のですか」「この会社で3年『働いています』」のように「~ている」を使うため、現在進行形にしてしまう方が非常に多いんです。

次ページ現在完了進行形はどう使う?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT