さらば口下手!スラスラ話せる「プロ技×3」

アナウンサー魚住りえの「魔法の話し方」講座

Kさんはもともと、とても穏やかで柔らかい話し方をなさいます。普段の会話はそれでいいのですが、大勢の前でスピーチをするにはちょっとエネルギーが弱いかもしれないですね。そんなKさんに、勧めるひとつめのコツは、これ。

ポイント1:声の「テンション」を使い分ける

りえ:Kさんは人前で話すのが苦手ということですね。スピーチやプレゼンだけでなく、少人数の会議でも同じですか?

Kさん:そうです。数年前に課長になって部下が5人ぐらいいるのですが、会議でもうまく話せない。「課長は立って話すと急に下手になる」などと部下に揶揄される始末で(笑)。

りえ:新刊にも書きましたが、話すことは「口からエネルギーを出して、人に届けること」だと私は思ってるんです。でも、そのエネルギーは「つねに最大出力を出せばいい」というものではなく、「調節すること」が大事です。

Kさん:エネルギーというのは何か尺度があるのでしょうか? 私、胃弱で体力もないので、エネルギーがないんですけど(泣)。

りえ:いいえ、胃弱も体力も関係ないです(笑)。ここでいう話し方のエネルギーは「声の高さ&スピード」で調節できるのです。大きく分けると以下の4パターンがあります。

画像を拡大
あなたの話し方はどのタイプですか? 4つのパターンを使い分けることで、効果的に「相手に伝える」ことができます!

(1)高い声×ゆっくり

(2)高い声×速く

(3)低い声×ゆっくり

(4)低い声×速く

りえ:大勢の前で話すときは、この4パターンのうち、「(2)高い声×速く」を使うといいんですね。特に最初は「高い声×高テンション」で話すと、みんながワッと興味を持ってくれます。

Kさん:確かに、「高めの声」は、つい耳を傾けてしまいますよね。

りえ:そうなんです。ただ、ずっと「高めの声」で話してしまうと、聞く側はイライラして疲れてしまうので、様子を見て、今度は声のトーンを落として「低めの声×ゆっくり」話すようにします。

Kさん:「高めの声」がずっと続くと、聞き疲れするのはよくわかります。

りえ:そうですね。でも「低めの声×低テンション」が続くと、それはそれで今度はダレてきてしまう。中には眠そうな人も出てきます。そうしたら今度はテンションを上げる。すると眠そうにしていた人もハッと目覚めて注目してくれます(笑)。要はこの使い分けが大事なんです。

Kさん:つまり、「高い声→低い声→高い声」を繰り返すといいわけですね?

次ページ話に「メリハリ」をつける、すごいコツ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。